行政書士

あなたはいくつ当てはまる?行政書士に向いている人の特徴5選

今回は、行政書士に向いている人の特徴5選というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
行政書士に興味があるんだけど、自分って向いているのかな?必要なスキルなども知っておきたいな。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば、自分が行政書士に向いているのか?またスキルが行政書士には必要なのかを知ることができます。

行政書士にこれから目指そうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

行政書士に向いている人の特徴5選

先に行政書士に向いている人の特徴5選をまとめておきます。

  1. コミュニケーション能力に長けている
  2. 責任感がある
  3. 丁寧で正確、かつ迅速に作業ができる
  4. 熱心に物事に取り組める
  5. 向上心がある

これらをそれぞれ深掘りして解説していきます。

コミュニケーション能力に長けている

コミュニケーション能力に長けている方が行政書士に向いていると言われます。

独立される方が多いので、顧客をつけなければ一定の収入は得られません。より顧客を得たり、顧客に満足したりしてもらうためには積極的に会話をする必要があります。

顧客訪問やイベントへの参加などを通して顧客をつけたり、人脈を作るのが上手な方こそ生き残れるのです。

顧客の話に耳を傾けられ、人付き合いを厭わない方の方が行政書士に向いているかもしれません。

責任感がある

行政書士をされる方は責任感がなければなりません。

個人情報を取り扱うため、それらの情報を流出させないようしっかり取り扱う必要があります。作成する書類も官公署に提出するものになるので丁寧に取り掛かる必要があります。

相談に乗る場合にも、事業に関わる大事な相談になりますので、人生を左右するという自覚を持ち、一つ一つの仕事をしっかりとやり遂げる必要があります。

また、行政書士は独立する方が多いので、自分の仕事に責任の持てる方でなければいけません。

丁寧で正確、かつ迅速に作業ができる

行政書士になるためには丁寧で正確、かつ迅速に作業ができる必要があります。

作成する書類は官公署に提出するものであり、誤りがあっては顧客の重大な損失につながりかねません。

決して間違いがあってはいけませんし、顧客の都合によっては余裕のないスケジュールになることもありますが、ミスなく仕上げなければなりません。

案件一つずつに報酬があるため、一つでも多くこなせる能力があれば、より多くの収入を手に入れることもできます。

熱心に物事に取り組める

熱心に物事に取り組める方は行政書士として重宝されやすいです。

行政書士の仕事内容は範囲が広く、より多くの分野に敏感でなければなりませんし、行政書士として顧客をつけていくにはアイデアを多く出せる必要があります。

単調に仕事を進めるだけでなく、様々な経験を積むことに積極的である方がいいです。

また、顧客の人生にとって大事な案件を背負う以上、それらの案件に熱心に向き合える方が顧客からの満足度も高く、次の仕事につながりやすいです。

向上心がある

行政書士になる方は向上心がある方がいいです。行政書士の多くは独立しており、顧客獲得は収入に直接つながる大事な業務です。

しかし、行政書士の案件の多くは短い期間のもののため、次につなげたり、より多くの顧客をつけたりする必要があります。

あまりの顧客の少なさに心が折れることなく、具体的にそのために何をしなければならないのか、何を改善しなければならないかを分析できる前向きさが大切です。

また、日々様々なことを取り入れ、より多くの顧客の需要に応えられる努力ができることも求められます。

行政書士に向いていない人の特徴

逆に行政書士に向いていない人の特徴もまとめておきます。

労力を嫌がる

労力を嫌がる方には行政書士は向いていないかもしれません。そもそも行政書士になるためにはかなりの勉強量が必要です。

また、法律は日々改正されるのでその改正をしっかり理解する必要がありますし、様々な種類の業務をこなす行政書士にとって学ぶことは行政書士試験に受かった後も欠かせないこととなります。

行政書士として生き残っていくためには他の人には内能力も必要ですし、ダブルライセンスのために勉強を頑張る方もいらっしゃいます。

仕事が雑

仕事が雑な方も行政書士として仕事を続けることは難しいでしょう。

顧客にとって人生を左右するような案件を取り扱うことの多い行政書士は、一つひとつの仕事を責任を持ちつつ、丁寧に行わなければなりません。

間違いがあってはいけないので、細心の注意を払えない方には向いていないかもしれません。

また、スケジュールも顧客によって定められているので、スケジュール管理をしっかり行う必要があります。何か問題があれば顧客は離れていき、収入を得るのが難しくなってしまいます。

会話が苦手

内気で他人との会話が苦手な方は行政書士に向いていないかもしれません。

行政書士にとって顧客をつけるのは収入の点でも大切です。新しい顧客をつけるためにはイベントなどへの参加は不可欠ですし、既にいらっしゃる顧客を満足させるためには対話力が大切です。

また、広い範囲の業務を行う行政書士は様々な情報を仕入れる必要があり、いろんな方との会話をすることで様々な知識を蓄え、より多くの顧客の需要に応えられる必要があります。

行政書士に必要なスキル・能力

では、行政書士にはどういったスキルや能力が必要なのでしょうか。

それらをそれぞれ解説していきます。

努力を継続できる力

行政書士になるためには努力ができる必要があります。そもそも行政書士試験に合格するためにはかなりの勉強が必要です。

行政書士になった後も、日々法律は改正されますし、それらの情報を更新するために学び続ける必要があります。

また顧客をより多く付けるためには他の行政書士にはない要素がなければいけません。

そのためには知識を増やすことなどが大切で、その努力を厭わない方でなければAIなどに仕事が取って代わられることが叫ばれる現代で仕事を続けるのは困難です。

営業力

独立することの多い行政書士にとって営業力は大切です。顧客の人数がある程度いなければ仕事は成り立ちません。

人脈が広い方の方が仕事のチャンスはめぐってくるため、他者との会話は欠かせません。より多くの顧客をつけられるように、顧客訪問やイベントで自分のことを売り込む必要があります。

自分で書類作成をする方も多く、行政書士の必要性が疑われている中だからこそ、自分が行政書士としてどのような魅力があるのかしっかり理解し、説明できる方でなければ案件を獲得するのは難しいでしょう。

事務処理能力

事務処理能力は書類を作成する行政書士になくてはならない能力です。

作成する書類は事業を左右することもある官公署に提出する正式なものになりますので、間違いのないよう正確に作り上げる必要があります。

顧客によってスケジュールもまちまちですので、短い期間でも処理しなければいけないこともあるかもしれません。

また、行政書士は単価性であるため、仕事を速くこなせばこなすほどより多くの案件に取り組むことができ、高収入になれるのです。

まとめ

今回は、行政書士に向いている人の特徴5選というテーマで記事を書いてきました。

今回の記事を読んで自分は行政書士に向いている!と思った方はぜひチャレンジしてみると良いと思います。

またあくまでもこれは私の意見ですので、これに当てはまらなかったからといって行政書士をやめておいた方が良いわけではありません。

一つの判断基準として今回の記事を参考にしてもらえますと幸いです。

では、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です