宅建

宅建試験で満点ではなく37点で合格を目指す勉強法【合格できればOK】

今回は宅建試験で満点ではなく、37点を目指す勉強法について解説していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
  • 宅建試験で何点を取れば良いんだろう?
  • 宅建試験で満点を目指して勉強を頑張っているけど辛い
  • 宅建に合格するための勉強方法を知りたい

この記事はこういった方に向けて書きました!

この記事を読んでいただければ、宅建試験でなぜ満点を目指す必要がないかという理由と、合格するために必要な37点を取るための勉強方法がわかります。

この記事を書いている私は宅建試験に40点で合格をしているので信頼性はある程度担保されるはずです。

この記事を参考にしていただいてぜひ宅建試験合格を目指してみてください!

宅建試験で満点を目指す必要はない理由

宅建試験で満点を目指す必要は全くありません。

なぜなら宅建試験は満点を取らなくても合格することができるからです。

もちろん宅建試験で満点を目指すことは全く悪いことではありませんし、可能なら満点を取れた方が良いに決まっています。

ただ私のような勉強があまり得意ではない方は満点を目指すのなんて無理だ…と思うはずです。そういった方は満点を狙いに行くのではなく、重要なポイントだけを抑えて合格するために最低限必要な点数を取りにいきましょう。

宅建試験で満点を取るのは難易度高すぎ

正直宅建で満点を取るのはかなり難易度高いです。

なぜなら基本的には宅建試験は満点を取らせないような問題が必ず散りばめられているからです。つまり満点が取れないような試験になっているのです。

特に権利関係の分野では、超難関と言われる問題が1問か2問必ずあります。

なので宅建で満点を目指すというのは弁護士試験に合格するのと同じくらい難しいのではないかと私は思っています。

宅建試験は37点が取れれば合格できる

宅建試験は37点を取ることができれば合格することが出来ます。

なぜなら過去の宅建試験の合格点で37点を超える点数になったことがないからです。以下は過去の宅建試験における合格点の推移になります。

年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成11年 178,384人 28,277人 15.9% 30点
平成12年 168,094人 25,928人 15.4% 30点
平成13年 165,104人 25,203人 15.3% 34点
平成14年 169,657人 29,423人 17.3% 36点
平成15年 169,625人 25,942人 15.3% 35点
平成16年 173,457人 27,639人 15.9% 32点
平成17年 181,873人 31,520人 17.3% 33点
平成18年 193,658人 33,191人 17.1% 34点
平成19年 209,684人 36,203人 17.3% 35点
平成20年 209,415人 33,946人 16.2% 33点
平成21年 195,515人 34,918人 17.9% 33点
平成22年 186,542人 28,311人 15.2% 36点
平成23年 188,572人 30,391人 16.1% 36点
平成24年 191,169人 32,000人 16.7% 33点
平成25年 186,304人 28,470人 15.3% 33点
平成26年 192,029人 33,670人 17.5% 32点
平成27年 194,926人 30,028人 15.4% 31点
平成28年 198,463人 30,589人 15.4% 35点
平成29年 209,354人 32,644人 15.6% 35点
平成30年 213,993人 33,360人 15.6% 37点

この表を見てもらえれば分かりますが宅建試験は過去に37点を超える合格点になったことはありませんし、合格点の低い年度だと30点が合格点という場合もあります。

なので満点を目指すのではなく、37点を取ることができれば宅建試験には合格することができと言えます。

合格点は合格率をベースに決められる

気になるのがなぜ合格点が毎年変わるのか?ということですね。

結論としては、合格率にベースにして合格点は決められているので毎年宅建の合格点数は異なります。

合格率がベース=だいたい合格率が15%前後になるようにする

試験が難しいと一般的には合格点数は下がり、試験が簡単な場合には合格点数は上がります。

宅建試験は1点の差が天国と地獄を分ける

“落ちた受験生”
“落ちた受験生”
あと一点取れていれば宅建に合格できたのに…

割とこういった方を多いですよね。

宅建試験は本当にその1点を取れるか、取れないかで大きく結果が変わってしまいます。

1点の差で涙しないためにも、しっかりと37点を取り切るための勉強をしておくことが大切です。

宅建試験で満点ではなく37点を目指す勉強法

ではどうすれば宅建試験で合格するための37点を取ることができるのでしょうか?

結論としては、次の4つのポイントを意識することです。

  1. 宅建業法にとにかく力を入れる
  2. 過去問を解いて、出題パターンを抑える
  3. 学習方法は通信講座を利用する
  4. 予想問題集も購入して新しいパターンにも慣れておく

これらを1つずつ解説していきます。

宅建業法にとにかく力を入れる

宅建試験に合格するために一番大事な分野が宅建試験です。

なぜなら宅建行法は宅建の中で一番配点が大きくて、さらに一番得点が取りやすい分野です。

合計で20点分が宅建行法で出題されるのですが、ここで9割の18点を取ることができれば宅建試験はかなり有利に進めることができます。

なのでまずは宅建業法で高得点が取れるように力をいれましょう!

過去問を解いて、出題パターンを抑える

次に重要なのが過去問の分析です。

なぜなら宅建試験は過去問から毎年同じような問題が出題されるからです。

過去問を解けば解くほど、宅建の出題傾向パターンが見えてきます。ひっかけの問題パターンも分かってくるでしょう。

過去問に慣れてくると宅建試験である程度の得点が確保されるようになるので過去問はしっかりと解いておきましょう。

学習方法は通信講座を利用する

独学で宅建に合格することももちろん可能ですが、宅建の通信講座を利用する方が合格の確率は上がります。

なぜなら通信講座を使えばやるべきことが明確で、要点がまとめられているので無駄な労力を省くことができるからです。

私自身も宅建の通信講座を使って2ヶ月の短期間で合格することができました。

宅建通信講座の中には合格すれば受講費をキャッシュバックしてくれるところもあるので、実質無料で宅建に合格することも可能です。

宅建通信講座のおすすめランキング10選【完全徹底比較】宅建通信講座のオススメランキング10選を完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

予想問題集も購入して新しいパターンにも慣れておく

宅建の通信講座だけでも十分合格することはできますが、私は市販の模試を解いておくこともオススメしています。

なぜなら市販の模試には新しい形式の問題がたくさん出題されているからです。

試験本番で初めて見る問題に出会うと、焦ってしまいますよね。そういった状況を練習段階でも作り出すためにも市販模試は有効的です。

市販模試は可能な限り購入して、解いておきましょう。

うかる!宅建士一問一答+予想模試 2019年度版 駿台法律経済&ビジネス専門学校/編

created by Rinker
¥2,420
(2019/12/15 06:36:42時点 楽天市場調べ-詳細)

宅建士2019年法改正と完全予想模試 串田誠一/監修 コンデックス情報研究所/編著

created by Rinker
¥1,650
(2019/12/15 06:36:42時点 楽天市場調べ-詳細)

パーフェクト宅建の直前予想模試 2019年版 / 住宅新報出版 【本】

created by Rinker
¥1,760
(2019/12/15 06:36:42時点 楽天市場調べ-詳細)

条件を満たすなら5点免除を利用するべき

これは不動産会社に勤務している方限定になりますが、条件を満たす方は5点免除を利用すべきです。

5点免除は不動産会社に勤務している方、これから不動産会社で勤務予定の方であれば利用することが可能です。

この5点免除を使うだけでも合格率は5~10%は上がると言われています。5点分が最初から確保されているというだけでもかなり安心ですよね。

別の記事で5点免除の条件についても取り上げているので、参考にしていただいて条件に当てはまった方はぜひ使ってみてください!

宅建の5点免除の申し込み条件について【合格率5~10%UP】宅建5問免除の申し込みの条件について解説します。5問免除を使えば合格率が5~10%ほど上げることができると言われています。条件にあてはまる方は是非利用してみてください。...

宅建で37点を取って合格しよう

今回は宅建試験で満点ではなく、37点を目指す勉強法について解説してきました。

37点で合格しても、満点を取って合格しても、宅建に合格したという事実は同じです。

ギリギリでも全く問題ないので、ぜひ今回の方法を参考にしていただいて今年の宅建試験に合格してください!

では、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ユーキャンを使って2ヶ月で宅建に一発合格した方法【口コミ・評判】宅建通信講座ユーキャンの口コミ・評判を紹介します。実際に私が2ヶ月間で一発合格した時の内容なので参考になるはずです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です