宅建

宅建の5問免除を使えば合格率が5〜10%上がる?

今回は宅建試験の合格率を上げるための5問免除について説明していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
今現在不動産会社で働いていて、今年こそ宅建に合格したいけど何か良い方法はないかな?

こんな方に宅建試験の合格率を上げるための1つオススメな方法があります

それが宅建の5問免除を利用する方法です。

正直この宅建試験の5問免除、利用するのとしないのでは雲泥の差ががあります!

私は宅建を受験した時この制度を利用しなかったのですが、後になってあの時5問免除を申請しておけばよかったと何度も後悔しました。

そこで今回はあなたがそんな後悔をしないように5問免除について説明していきます。

この記事を読んでいただいてあなたも5問免除に申し込みをして、宅建試験での合格率を格段にあげてください!

5問免除とは?

そもそも宅建試験の5問免除とは、財団法人不動産流通推進センターが行う講習の課程を修了した人に対して宅建試験の問46~50の5問が免除される制度のことです

この5問とは宅地建物の需給および実務(3問)土地・建物(2問)です。

つまり、5問免除を受けることでなんと50問中の5問がすでに正解している状態で試験をスタートできるのです。

正直これはかなり有利ですよ。なんと言っても残りの45問中30問を正解できれば合格することができちゃうので。

この最後の5問はサービス問題と言われることがありますが、私はかなり苦手でした。

なぜなら出題される範囲が意外と広く勉強してもどこが出るのか分からないからです

なのでこの5問免除を利用するのは本当におすすめです!

5問免除を使うと合格率が上がる?

ではこの5問免除を受けるとどのくらい合格率が上がるんでしょうか?

一般的な宅建合格率が15%ですが、5問免除での受講生の合格率は20〜25%程度です。

つまり、普通に合格している人よりも5問免除を受けている人の方が5〜10%合格率が高くなることがわかります。

これは条件を満たしているのであれば絶対に5問免除を受けるべきですよね。

5問免除で合格率を5〜10%程度あげることができる

5問免除を受けるための条件とは?

この5問免除を受けるためには以下の2つの条件があります。

5問免除の2つの条件

  • 宅地建物取引業者としての免許を持っている不動産会社で勤務していること
  • 従業員証明書が発行できること

なので残念ながら現在不動産会社で勤務されていない方はこの5問免除を受けることはできません。

ただ近々不動産会社で働く予定だ!という人は従業員証明書さえ発行できれば免除を受けることができるのでこの特権を使わない手はありません。

正社員、アルバイト、パートなどの形式は問いませんし、勤務年数も関係がありません。

5問免除はどうやったらできるの?

では5問免除はどのようにすればできるのでしょうか?

5問免除を受けるためには近くの専門学校や資格学校で宅建登録講習を受講することが必要です。

この宅建登録講習の内容はほとんどの講習機関で50時間の学習と1時間の修了試験となっているようです。

《宅建登録講習の内容》

  • 通信講座(約2ヶ月間)
  • 講師による授業(DVD講義の場合も)

通信講座といっても申し込みをすると教材が送られてくるのでそれを自宅で勉強するという形式だそうです。

5問免除の申し込みの流れ

資格学校に申し込み

受講申込み期間が2月1日〜5月12日の3ヶ月間です。

申し込みはお近くの資格学校や専門学校で出来ます。

参考までにリンクを貼っておきます。

教材が届くので2ヶ月の自宅学習

申し込みが完了すると学校から教材が送られてきます。

それを自宅で各自学習することになります。

学習時間の目安としては50時間となっています。

修了試験を受験

教材の学習が終わると最後に修了試験を受けることになります。

きちんと学習をしておけば問題はありませんが、これに落ちてしまうと5問免除を受ける事ができなくなってしまいます。

ケアレスミスなどしないように気をつけましょう。

修了証の交付

そして試験に合格すると修了証が交付されます。

この修了証を宅建試験の申込用紙に添付する事で5問免除を受ける事ができます。

めんどくさいようにも思えますが、これをする事で5問免除されると思えばかなり時間対効果は良いと言えます。

宅建試験間近の9月や10月になってやっぱり5問免除を受けよう!と思っても期間が終わっているので早めの決断をしましょう!

5問免除の講習を受けるための金額は?

この5問免除を受けるための宅建登録講習の金額は受講される資格学校によってばらつきがあるようです。

平均で15000〜18000円の範囲の金額が多いですね。

少し高いのですがそれだけの価値があると私は感じてます。

なぜならこれを受けるだけで他の受験者よりも5点分リードしている状態で当日を迎えることができるからです。

注意点としてはこの5問免除の効果は3年間だそうです。

つまり5問免除を受けてから3年間以内に合格できないと効果が消えてしまいます。

なので今年に絶対受かるんだ!という強い気持ちを持って学習に取り組みましょうね。

宅建の勉強方法については他の記事でもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は宅建の5問免除について書いてきました。

内容を簡単にまとめると次のようになります。

まとめ
  1. 5問免除を使うと合格率をあげることができる
  2. 5問免除を受けるには不動産勤務の必要がある
  3. 各予備校での申し込みが必要
  4. 費用は1万5千円〜2万円ほど
  5. 5問免除の有効期間は3年間

 

私自身がこの5問免除の制度をうまく利用できずに後悔したいので、ぜひ今年受験される方で不動産会社で勤務されている方は利用してみてください。

合格率を確実に上げることができるはずです。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です