行政書士

【体験談】行政書士試験に合格するための勉強法【期間は10ヶ月】

今回は私が10ヶ月の勉強で行政書士試験に実際に合格した勉強方法を紹介します。

“お悩み君”
“お悩み君”
行政書士にどうすれば合格できるんだろう?オススメの勉強法を知りたいな。

今回はこういった疑問を解決していきます。

この記事を読んでいただければ次のようなことが分かります。

今回の記事で分かること
  1. 行政書士に10ヶ月で合格するための勉強方法
  2. 行政書士合格に必要な勉強時間
  3. 何月にどういった学習をすれば良いのか
  4. 分野別のオススメの学習教材

この記事を書いている私は実際に行政書士試験にこの勉強法で10ヶ月とい期間で合格しているのである程度の信頼性は担保されるはずです。

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて行政書士試験合格を目指してみてください!

行政書士に合格するための勉強法

私は実際に次のような手順で行政書士試験の勉強をしていきました。

  1. 〜5月末:とにかく最初は民法と行政法に集中する
  2. 6月:から憲法、会社法の勉強を始める
  3. 7月:過去問も解き始める
  4. 8月:記述対策をスタートさせる
  5. 9月/10月:とにかく実践問題を解く
  6. 11月:これまでやってきたことの復習

これらを1つずつ深掘りしていきます。

〜5月末までの勉強法:とにかく民法と行政法に集中する

行政書士試験のポイントは民法と行政法です。

この2つの分野での得点がなんと全体の6割以上を占めています。なので5月頃まではとにかく民法と行政法に集中するのがおすすめです。

具体的な民法と行政法の勉強方法は以下の4ステップです。

  1. テキストを読み込む(最低でも3周以上)
  2. 過去問を解いてみる
  3. 問題集で実践して解説を読み込む
  4. 市販模試を解く→間違えた箇所を復習

この4つのステップを本番までの間繰り返し行いましょう。それぞれ詳しく解説していきます。

テキストをとにかく読む(最低でも3回以上)

テキストは3周以上は読み込むべきです。最初は全く理解ができないはずですがそれでもとにかくめげずに先へと読み進めてください。

そうすれば少しずつではありますが全体像が見えてくるはずです

全体像をつかむ→細かい内容を覚えておくという順番が大切です

行政書士オススメの市販テキスト

2020年度版 みんなが欲しかった!行政書士 合格へのはじめの一歩 [ TAC行政書士講座 ]

created by Rinker

オススメの参考書は『みんなが欲しかった!行政書士の教科書』です。このテキストはイラストも多くて、初学者の方にもとっつきやすい1冊となっています。

行政書士の独学でどのテキストにしようかなと悩んでいる方はぜひポチッとしておきましょう。

民法の得点をあげたい人にはコレ!

山本浩司のautoma system 司法書士 1 民法 1 山本浩司/著

created by Rinker

山本浩司のautoma system 司法書士 2 民法 2 山本浩司/著

created by Rinker

山本浩司のautoma system 司法書士 3 民法 3 山本浩司/著

created by Rinker

もう1冊民法のテキストとしてオススメなのが『山本浩司のオートマシステム』です。

合計3冊とかなりボリュームがありますが、民法についてストーリー形式に書かれており、とにかく分かりやすいです。

民法は条文を丸々覚えるよりも、なぜそうなるのか?という理屈を理解することが重要になります。

そういった意味でもこの本は民法を論理的に理解できるオススメの教材となっています。実際に私もこの本を使って学習をすることで民法の理解を格段にあげることができました。

過去問を解いてみる

ある程度テキストの知識が定着してきたら、過去問を解いてみましょう。最初のうちはかなり難しいと感じるはずです。それでも心配はありません。

なぜなら行政書士試験は過去問から同じ問題が出題される可能性がかなり低いからです

“受験生”
“受験生”
行政書士試験ってこんな問題が出るんだ〜

程度に考えておけば大丈夫です。ただし、行政法に関しては過去問からも同じような問題がいくつか出題されるのでしっかりと確認しておきましょう。

この辺りは別の記事でも取り上げているのでそちらも参考に。

行政書士試験は過去問だけで合格できるのか?【結論、難易度高めです】

問題集を解いてみて解説を読み込む

次に問題集を解いてみましょう。問題集も分からないことが多いと思います。

それでも分からない問題に出会う→テキストに立ち返るという順序を繰り返すことが重要です。

いつまでもテキストを読んでいても知識は定着しません。勉強をする理由はあくまでも行政書士試験に合格することです。

なのである程度テキストを読み終わった後はとにかく問題を解くというアウトプットを重視しましょう。

行政書士オススメの問題集

行政書士試験でオススメの問題集は『みんなが欲しかった!行政書士の問題集』です。

テキストと同じTACが出版している教材で、過去問を中心にオリジナルの問題も記載されています。

分からない問題があっても丁寧な解説が書かれているので、どの問題集から始めようかと悩んでいる方にはかなりオススメの一冊です。

テキストで『みんなが欲しかった!行政書士の教科書』を購入した方は、相乗効果で勉強が進めやすくなりますよ。

市販模試を解く→間違えた箇所を復習

最後の仕上げは市販模試を解きまくることです。

市販模試は各予備校が今年出題される問題を予想して作られています。

もちろん全てが当たる訳ではありませんが、ある程度の数をこなしておけば本番に出題される可能性も高くなります。

市販模試は解いておけばおくほど良いですが、解くだけではなくしっかりと復習もしておきましょう。

いくつかオススメの市販模試も紹介をしておきます。

行政書士最強の模試/東京法経学院

行政書士最強の模試 2019[本/雑誌] / 東京法経学院

created by Rinker

出る順行政書士当たる!直前予想模試/東京リーガルマインドLEC

出る順行政書士当たる!直前予想模試 2019年度版 東京リーガルマインドLEC総合研究所行政書士試験部/編著

created by Rinker

行政書士完全予想模試/コンデックス情報研究所

行政書士2019年法改正と完全予想模試 織田博子/監修 コンデックス情報研究所/編著

created by Rinker

6月の勉強法:憲法の会社法の学習をスタート

6月ごろからは憲法と会社法の勉強をスタートしましょう。

憲法、会社法に関してはかなり範囲が広いので、完璧にしようとしなくて大丈夫です。ある程度テキストを読んで問題を解いておく程度です。

どちらも5問中3問正解できれば上出来です。

人によっては会社法を捨てて、全て同じ番号にマークするという方もいます。

これでも悪くはありませんが、行政書士の問題も対策をしてきていて同じ数字が3つ以上正解になることはほぼありません。なので取れて良くて2問です。

なので民法、行政法に自信がないという方はこの2つの分野も学習しておきましょう。

憲法の勉強方法

行政法の憲法で重要になるが判例を知っておくことです。過去にどんな訴訟があってどんな判決が出たのか?これを大まかにでも覚えておくことで5問中3点は取れます。

憲法の学習は次のステップで学習するのがおすすめです。

以下に紹介した教材をまとめておきます。

みんなが欲しかった!行政書士の教科書

2020年度版 みんなが欲しかった!行政書士 合格へのはじめの一歩 [ TAC行政書士講座 ]

created by Rinker

行政書士 憲法・基礎法学が得意になる本

2019年度版 行政書士 憲法・基礎法学が得意になる本 [ 行政書士試験研究会 ]

created by Rinker

みんなが欲しかった!行政書士の問題集

会社法の勉強方法

会社法はとにかく範囲が広いです。会社法の勉強を全くやらないと決めるのも正直アリだとは思います。

私も実際会社法にはほとんど時間を使っていません。ただ会社法で3点取れればその分合格率をあげることができるのもまた事実です。

会社法ではあまり時間をかけたくないので、以下の学習方法がおすすめです。

  1. 2019年度版 みんなが欲しかった!行政書士の教科書』で会社法の分野を3周以上読む
  2. 問題集を解きつつ、会社法の問題に慣れていく

会社法は範囲が膨大なので、完璧に仕上げようとすると泥沼にはまってしまう可能性が高いです。

なのでこの2つのステップをこなしてある程度問題慣れをしておくというのが良いと思います。会社法でオススメの教材をまとめておきます。

みんなが欲しかった!行政書士の教科書

2020年度版 みんなが欲しかった!行政書士 合格へのはじめの一歩 [ TAC行政書士講座 ]

created by Rinker

みんなが欲しかった!行政書士の問題集

行政書士トレーニング問題集

行政書士トレーニング問題集(5 2019年対策) 充実の問題数! 商法・会社法 (合格のミカタシリーズ) [ 資格の大原行政書士講座 ]

created by Rinker

7月の勉強法:過去問も解き始める

行政書士試験は過去問だけ解いても合格はほぼできません。これは注意しておいてほしいことですが、よく大半の資格試験は過去問をしっかりと解いておけば合格できるという風に言われていますよね。

これに対して行政書士試験は毎年出題傾向を変えてきます。なので過去問だけたくさん解いたからといって合格の可能性をあげることが難しいです。この辺りは別の記事も参考に。

行政書士試験は過去問だけで合格できるのか?【結論、難易度高めです】

とはいえ、過去問からも出題される問題は数問あるので(特に行政法)、ある程度は対策しておくことがおすすめです。

過去問を解く時に重要なことは解説をしっかりと読むことです。過去問がそのまま出題されることは少ないと話しましたが、過去の論点を変えて別の角度から出題されることがあります。

なのでしっかりと問題を覚えるのではなく、考え方を理解することが大切です。

過去問を解く→解説で論点を理解するが重要

過去問の問題集は解説の分かりやすさで選ぶ

過去問の問題集を購入するときには、解説の分かりやすさに注目して選ぶようにしましょう。

過去問題集の場合には結局差が出るのは、解説がどれだけ丁寧に書かれているかというポイントだけです。

そういう意味ではTACが出版している『みんなが欲しかった!行政書士の問題集』はかなり分かりやすく解説が書かれているのでおすすめです。

みんなが欲しかった!行政書士の問題集

8月の勉強法:記述対策を開始する

 

8月からは記述対策も始めていきましょう。記述問題は1問あたりの得点が20点と非常に大きいので、できるだけ得点を稼いでいきたい分野です。

この段階に来れば民法・行政法の知識が少しずつ固まり始めてきているはずですがそれをいざ記述として答えを書いてくださいとなった瞬間手が止まってしまうはずです。

記述が難しいのは分かっているけれどもうまくそれを言語化できないということです。

なので記述の得点をあげるためにも、問題のパターンを覚えてある程度回答する際の語句を覚えてしまいましょう。

もちろん全ての語句を覚えることはできませんが、よく使われているフレーズだけでも覚えてしまうと別の問題でも活用することができるようになるので次第に記述問題がスムーズに書けるようになってくるはずです

記述問題の勉強方法

記述試験の勉強方法はいたってシンプルで、とにかく教材に書かれている問題の答えを全て書けるようになるということです。

具体的な勉強方法は次の2つのステップの繰り返しです。

  1. 問題文を読み、模範回答を丸写しする
  2. 問題文を読み、模範回答を見ないで答えを書いてみる

注意すべきなのはとにかく手を動かしながら書いてみるということです。できれば声にも出しながら書き写していくと効果は倍増します。

五感をフル活用して、教材に書いていることを全て覚えるくらいの勢いでやりましょう。

行政書士オススメの記述問題集

行政書士の記述問題集を私は2冊ほどこなしました。1冊だけだと傾向が偏ってしまうので、おすすめなのは2冊用意してそれを完璧に覚えてしまうことです。

オススメの記述問題集は次の2冊です。

行政書士 トレーニング問題集 3/[ 資格の大原 行政書士講座 ]

行政書士 トレーニング問題集 3記述式・多肢選択式 2020年対策 (合格のミカタシリーズ) [ 資格の大原 行政書士講座 ]

created by Rinker

合格革命行政書士40字記述式・多肢選択式問題集/ [ 行政書士試験研究会 ]

◆◆合格革命行政書士40字記述式・多肢選択式問題集 2019年度版 / 行政書士試験研究会/編著 / 早稲田経営出版

created by Rinker

9月/10月の勉強法:市販模試でとにかく実践

9月以降にはここまでの学習も同時に進めながら、市販模試を解きまくりましょう。出来るだけ多くの市販模試を解くことをお勧めします。

市販模試に出題されている問題は各予備校が厳選した問題です。今年の試験で出題される可能性は極めて高いと言えます。

どこの予備校の市販模試から出題されるのかは分からないので均等に全てを解いておくことがいいでしょう。

ここではお金はケチらずに出来るだけたくさんの市販模試を解きましょう。

オススメの行政書士市販模試

市販模試に関しては解けるだけ解きましょう。いくつか市販模試を紹介しておきます。

行政書士最強の模試/東京法経学院

行政書士最強の模試 2019[本/雑誌] / 東京法経学院

created by Rinker

出る順行政書士当たる!直前予想模試/東京リーガルマインドLEC

出る順行政書士当たる!直前予想模試 2019年度版 東京リーガルマインドLEC総合研究所行政書士試験部/編著

created by Rinker

行政書士完全予想模試/コンデックス情報研究所

行政書士2019年法改正と完全予想模試 織田博子/監修 コンデックス情報研究所/編著

created by Rinker

11月の勉強方法:これまでやってきたことの復習

11月は本試験まで残り2週間ほどです。この時期になったら新しいことはせずにこれまでやってきたことの復習をしましょう。

ついつい心配になって新しい教材などを購入してしまいそうになりますがそれは辞めておきましょう。

今までの問題集をもう一度解く→分からないところをテキストに立ち返る

基本はこの繰り返しです。最後までこれを徹底しましょう。

一般知識は空き時間を活用して勉強する

“お悩み君”
“お悩み君”
一般知識はいつ勉強すれば良いんだろう?

結論として一般知識は空き時間に対策する程度で良いと思います。例えば通勤・通学の時間やちょっとした休憩時間などです。

一般知識の傾向は年度によってかなり変化します。なのでどれだけ対策をとっても範囲が広すぎるので、やった割に結果が得られないということになってしまいがちです。

なので一般知識に関しては、空いている時間に常日頃からニュースを気にかける程度の意識を持っておきましょう。

一般知識は14問中6問正解しないと不合格になるので注意

一般知識は14問中6問取らないと不合格という残酷なルールが存在します。どれだけ他の得点が良くても一般知識で得点が取れず不合格になるというは悲しいですね。

一番確実に取れる箇所とすれば最後の文章理解の3問です。

もし不安だという方はこの分野に関しては確実に得点を取れるように文章理解の練習はしておきましょう。

一般知識でオススメの行政書士テキスト

2019年度版 行政書士 一般知識が得意になる本 [ 行政書士試験研究会 ]

created by Rinker

31年度試験完全対応 公務員試験 速攻の時事 [ 資格試験研究会 ]

created by Rinker

 

行政書士の独学合格に必要な勉強時間

これから行政書士の試験を目指している方が気になるのがどのくらいの時間独学合格には必要なのか?ということですね。

結論から言うと、人にもよりますが1000時間は確保したいとこです。私は実際に10ヶ月間で1300時間ほど行政書士の学習に費やしました。

もちろん元から知識がついている人であればこれよりも短い時間で合格することができますが、一般的にはこのくらいの時間は必要になると思います。

ただがむしゃらに1000時間すれば必ず合格できるというような試験ではありません。しっかりと正しい方向に正しい努力をすることを意識しましょう。

独学合格の難易度はかなり高い

ここまで私が実際に10ヶ月で行政書士試験に合格した勉強方法を紹介してきました。

私はこれ以外にも週に1度の通学講座と、通信講座も利用していました。正直独学だけで行政書士に合格するのはかなり難易度が高いです。

なのでできる限り最短で合格できるように独学ではなく、通学講座や通信講座を併用して利用することがおすすめです。

完全徹底比較】行政書士通信講座のおすすめランキング5社

まとめ

今回は私が実際に10ヶ月で行政書士に合格した学習方法を紹介してきました。

行政書士試験は年々難易度も上がってきていて、初年度で合格するのが難しくなってきています。ただ闇雲に勉強を続けたとしても合格という結果を掴み取ることは残念ながらできません。

今回の私が紹介した勉強方法+通学講座や通信講座をうまく活用しながら正しい方向に正しい努力を続けるようにしましょう。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です