行政書士

行政書士通信講座クレアールの評判・口コミ【分割支払いOK】

今回はクレアールの行政書士講座について紹介していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
行政書士に合格したいけどどこの通信講座を使えばいいんだろう?通信講座のクレアールってサポート制度が充実していてオススメって聞いたことがあるけど実際どうなんだろう?

今回はこういった疑問を解決していきます。

行政書士に合格するための通信講座を悩んでいる方はぜひ最後まで読んでいただいて参考にしてみてください。

クレアールとは?

クレアールは非常識合格法によって必要範囲を絞り、理想的な合格を目指す通信講座です。

「理想の合格」とは、「最高の時短学習」によって実現できるものであり、それが「安」「楽」「短」という3つのエッセンスから構成されるとクレアールでは考えられています。

短期で合格を目指したい!という方にはオススメの通信講座の1つです。

クレアールを使うメリット

クレアールを利用するメリットは大きく次の5つです。

  1. 無駄を省いた合格必要得点範囲のみの学習だから短期合格を狙える
  2. 単元別に細分化された講義だから集中力を維持しやすい
  3. 自分の学習レベルに合わせたカリキュラムを選ぶことができるから効率よく学習できる
  4. 12回払いなら無金利で学費ローンを組むことができる
  5. 回数無制限の質問制度だから不安がすぐに解消できる

これらを1つずつ深掘りしていきます。

無駄を省いた合格必要得点範囲のみの学習だから短期合格を狙える

クレアールでは合格必要得点範囲に絞った学習での合格を目指しています。

なので決して満点を狙いにいく学習方法ではなく、とにかく合格点のクリアを目指す学習方法になります。

具体的には得点配分の高い民法と行政法に力を入れています。

無駄な学習を省いた学習方法によって短期間での合格を目指すことができます。

単元別に細分化された講義だから集中力を維持しやすい

クレアールの動画講義では、各単元別に細分化された内容になっているので1講義5〜30分で完結します。

そのため集中力を切らせることなく、ちょっとした隙間時間でも動画講義で学習を進めることができます。

自分の学習レベルに合わせたカリキュラムを選ぶことができるから効率よく学習できる

クレアールでは写真のステージ1〜4の中で自分のレベルに合わせたカリキュラムを選ぶことができます。

行政書士の勉強を始めてする人と3年目の人では学習内容が変わってくるはずです。

クレアールでは自分にとって無駄な学習は全て省くことができるので、時短学習を効率よく進めることができます。

12回払いなら無金利で学費ローンを組むことができる

クレアールでは指定の講座を受講した方であれば12回まで無金利のローンを組むことができます。

普通であれば分割払いをするとその分金利が発生してしまいますが、この制度を使えばクレアール側が金利を負担してくれます。

金銭面の支払いが不安で、分割払いを予定している人には大きなメリットです。

回数無制限の質問制度だから不安がすぐに解消できる

クレアールでは分からないことがあればメールやFAXで無制限に質問をすることができます。

通信講座では無制限で質問し放題というのはあまりないのでかなりありがたい制度ですね。

行政書士の学習を続けていると必ず分からない問題に直面しますが、そんな時でもサポートが充実しているので安心して学習に取り組むことができます。

クレアールのデメリット

クレアールの最大のデメリットは合格率が公表されていないという点です。

教材の質や、受講費も安いですが実際それを使ってどのくらいの人が合格しているのかが分かりません。

おそらく今は実績を作っている段階だとは思いますが、それであればしっかりと合格率を公表していて、教材の質も高く受講費も安い『フォーサイト』がオススメです。

クレアールを選ぶのがオススメの人

ここまでのメリットやデメリットを考慮して、クレアールはこんな方にオススメです。

  • 自分に最適なカリキュラムで時短学習をしたい方
  • 分割払いで支払いを考えている方
  • 合格に必要な分野だけに絞って短期間での合格を目指したい方
  • 宅建講師歴28年のプロの講師氷見敏明先生の授業が受けたい方

クレアール合格者の声

実際にクレアールを利用して合格した6名の合格者の声を紹介します。

“30代男性”
“30代男性”
受験1度目170点。準備期間半年、独学で挑んだ結果です。この結果が、独学でもいけるんだと勘違いさせました。

受験2度目138点。愕然としました。試験の手応えがなく、自己採点の結果から不合格である事は分かっていたので、独学では無理だと実感しすぐに行政書士講座を探しました。

各社比較しましたが、早期申込割引制度があり、無料模試、お祝い金制度を利用すれば独学より費用がかからないと思い、クレアールに申し込みました。

クレアールの良かった点は、費用対効果が非常にいいところに尽きます。独学はあまりお金がかからないと思いがちですがクレアールに関しては、それは間違いです。

問題集だけを取っても、同じ分量のものを用意するのに、独学では多大な費用が必要となります。クレアールでは問題演習に解説講義が付くため、字面だけではわかりづらい所も理解する事が出来ます。

また、直前模試や質問など独学では用意出来ない物があり、感覚的には独学時の半分程の費用で済んだと感じています。

独学時は、なかなか学習が上手くいかず様々な問題集に手を広げ、不安になり勉強が進まないといった悪循環になっていました。

独学をやめ、クレアールで効率よく学べて本当に良かったと思います。時間は有限のため、独学で時間やお金を使うのは非常にもったいないと思います。ぜひ、クレアールで勉強し合格を目指しましょう

“20代女性”
“20代女性”
実は、2回目の本格的な受験勉強を始める際の候補の一つにクレアールがありました。

教材のDVDを見た時とても分かりやすいと思いましたが、受講料の安さが気になって別の所に申し込みをしてしまいました。

その教材は私には合わなかったみたいで、2回目も不合格になりました。

3回目の受験の時は、息子の受験の年と重なる為に、新しい教材は購入せずに受験しましたが、法改正などの対策が万全ではなく、また不合格となりました。4回目の受験では絶対に合格したいと思い迷わず、11月11日の受験後の自己採点結果を確認した後直ぐ、クレアールに申し込みしました。

今思えば2回目の時にクレアールさんで勉強をしていれば、もっと早く合格していたと思います。それ程教材は完成度の高いものだと思います。

私のように受講料が安い事が不安材料になっている方がいるのでしたら、私のように選択肢を間違えてしまわないよう、ぜひクレアールをお勧めしたいと思います。

“50代男性”
“50代男性”
前回の試験から14年も経過してしまったのは各予備校の受講料の高さもありました。

しかしインターネットで調べると以前よりも受講料が手頃な値段で提供されている予備校があることを知り、独学ではなく予備校を利用することにし各予備校に資料を請求、その中でも講義の質が良く学説判例を詳しく説明し分かりやすい講義を提供してくれるクレアールならば合格できるのではと思いすぐに申し込みました。

クレアールの良かった点は講義を倍速で聴くことが出来ますが倍速にしても杉田先生、竹原先生の声が聞き取りにくくなることもなく非常に快適に講義を受けることができました。

テキストも一見薄く情報量が足りないのではと思ってしまいますが、合格するための知識は必要にして十分だと思います。

また低価格でありながら答練、模試が他校より充実しており正直この低価格でありえないと思える内容です。

模試では個別に採点され正解率や模試を受けた人たちのなかで何番目なのか順位も知ることができ、頑張らねばとやる気にさせてくれます。問題演習が豊富なのもいいですね。

“50代女性”
“50代女性”
私は週5日のフルタイムで仕事をしており時間も限られていたので、独学よりも予備校の講座を受講するのが効率的だと考えました。

ネットでいくつかの学校の講座を調べてみた結果、クレアールの講座を受講することに決めました。クレアールを選んだ決め手は良心的な価格設定と、合格お祝い金や本試験の受験料をクレアールが負担すること、2年セーフティコース等の制度が充実していた点です。

また受講のご相談をした時に事務局のスタッフの方が丁寧に対応して下さった事も決め手になりました。

11月の試験から1月末の合格発表までの時間はとても長く感じ、年越しもどこか落ち着かないような状況でしたが、無事に合格する事が出来て安堵しています。

そして、周りの方の支えに感謝しています。クレアールの事務局の方には学習計画の相談に応じていただき、お世話になりました。クレアールを受講して本当に良かったです。

皆様もクレアールを受講して行政書士試験合格を果たして下さい。

“20代男性”
“20代男性”
通信講座があることと、経済的に利用しやすかったことが理由です。働きながらの勉強となりますので、まず通学は不可能でした。

たまたまYouTubeでクレアールの講義の一部を拝見する機会があり、とてもわかりやすく、法律の初学者でもついていけそうだなと思ったことも理由の一つです。

実際にクレアールを選んで良かったなと思うことは、いつでもどこでも勉強ができたことです。家にいる時はPCで、外出時はスマホで勉強することができ、隙間時間を有効活用することができました。

2倍速機能があることも便利でした。また、私は合格者平均より10点以上低いギリギリでの合格となりましたが、これはクレアールの教材に無駄がなかったんだな、と今思います。

合格に的を絞った教材で徹底的に無駄を排除することにより、最小の時間と最小の努力で合格できたものと考えています。

“30代女性”
“30代女性”
まず、私が住んでいる場所はJRの駅から距離がある上に、子供の幼稚園の予定に合わせて動かなければならないので通学という選択肢はありませんでした。

巷には行政書士試験向けの講座が色々と開講されていますが、クレアールの良いところは受講料が安いという点です。

この値段なら、自分の原稿料から支払えそうだと思いました。最後の決め手は早期申し込みの割引でした。

クレアールの良かった点は、受講生に優しい価格の割に教材が充実しているということです。教材の他に必ず準備しなければならないものといえば、市販の受験用六法くらいかと思います。

独学用のテキストは色々市販されていますが、どれがわかりやすいのかは実際に使ってみないとなんとも言えませんし、そもそも書店まで出かけるのも大変という人は、受験に必要なものがほとんど揃ったクレアールをおすすめします。

というのも、行政書士試験の申し込みが始まると、受験願書の申請用紙まで送ってくれます。かなり親切です。

クレアールを評価してみた

ここまでの内容を踏まえて、クレアールを厳しく評価していきます。

評価基準は次の6つです。

  1. 教材のクオリティー
  2. 価格の妥当性
  3. 合格実績
  4. 講師のレベル
  5. サポートの充実
  6. 合格後のキャッシュバック制度

これらを1つずつ解説していきます。

教材のクオリティー 

クレアールではオリジナルのテキストが用意されています。

合格に必要な範囲が網羅的に記載されていますが、イラストが少ないように感じます。

私のようにイラストがふんだんに使われたテキストを使用したいという方であれば『フォーサイト』のフルカラーテキストがオススメです。

価格の妥当性 

クレアールではいくつかのコースが用意されています。

どのコースも他の行政書士講座に比べると割安になっています。

コース 割引価格
「2019年合格目標カレッジコース 58,800円
「2019・2020年合格目標 カレッジ2年セーフティコース 72,400円
「2019年合格目標 中級コース 50,700円
「2019・2020年合格目標 中級2年セーフティコース 68,500円
「2019年合格目標 中上級W受講コース 53,100円
「2019・2020年合格目標 中上級W受講2年セーフティコース 70,600円
「2019年合格目標 上級コース 47,200円

合格実績 

クレアールでは合格実績が公表されていません。

そのため評価は最低評価の星1つとしておきます。

講師のレベル 

クレアールの行政書士講座では各分野別に3人の講師がいます。

それぞれの講師レベルは高く、行政書士試験のプロフェッショナルです。

憲法、民法、行政法、商法・会社法、基礎法学、一般知識

記述マスター講座、重要論点マスター講義、重要過去問攻略講義、肢別論点マスター講義

学習ナビゲート

サポートの充実 

クレアールのサポート制度はかなり質が高いです。

メールやFAXで質問を無制限にすることができるので、分からない問題に直面しても挫折することなく学習を進めることができます。

合格後のキャッシュバック制度 

クレアールでは合格後に条件を満たせば2000円がキャッシュバックされる制度があります。

クレアールは他の通信講座に比べても低価格ですが、さらに合格後にキャッシュバック制度が用意されているのはありがたいですね。

総合評価 

以上を踏まえたクレアールの総合評価は星3です。

クレアールは受講費も安く、分割払いも12回までなら無金利という経済的な面でかなりメリットの大きな通信講座です。

その分テキストのイラストが少なく、合格実績が公表されていないというデメリットの部分も多いので質よりも金額で選びたい方にはおすすめの通信講座です。

今申し込めば受講費の割引も受けれるので、下のボタンからクレアールの申し込みをしましょう!

>>クレアール公式サイトへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です