行政書士

行政書士試験は簡単に合格できる?【学習時間と難易度を解説】

今回は宅建試験は簡単なのか?合格するまでに必要な学習時間と難易度について解説していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
行政書士試験って簡単なんだろうか?何か資格を取りたいと思っているけど自分でも取れるかな?

今回はこういった疑問に答えていきます。

この記事を読んでいただければ次のようなことがわかります。

今回の記事で分かること
  1. 行政書士試験は簡単なのか?
  2. 学習時間はどのくらい必要なのか?
  3. 合格するための正しい方法

行政書士試験を受けようかどうか迷われている方はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

行政書士試験は簡単なのか?

では行政書士試験は簡単なのでしょうか?

結論を言いますと、決して簡単ではありません。

簡単ですという答えを期待していた方には大変申し訳ないですが、近年の行政書士試験は決して簡単ではないのです。

というのも行政書士試験というのは年々傾向が変化しています。試験の対策が非常に取りにくい試験と言えるのです。

大抵の試験は過去問を解いておけばある程度の点数が取れますし、傾向も毎年かなり似ているはずです。

しかし行政書士試験の場合には去年出題された傾向と今年の問題では傾向がガラリと変ってきます。

なので『過去問を解いて合格できる』というのは限りなく0に近い試験なのです。

行政書士試験の出題傾向は年々変わるので対策が困難

なぜ行政書士試験は簡単と言われているのか?

ではなぜ巷では行政書士試験は誰でも簡単に合格できるという風に言われているのでしょうか?

この答えは、過去の行政書士試験が現在に比べると比較的簡単な内容だったからなんです。

行政書士の勉強を始めてからある程度経った方であれば、10年前の行政書士試験の問題を見ると『あれ、簡単だな』と思う方が多いはずです。

それに比べると近年の問題はどれだけ学習を進めた人でも難しいなと感じるはずです。

そのくらい歴然の差があります。

なので安易に行政書士試験は簡単って聞くし、ちょっと受けてみようかなという考えだと痛い目にあってしまいます。

合格にはどのくらいの勉強時間が必要か?

では行政書士試験に合格するためにはどのくらいの学習時間が必要なのでしょうか?

結論から言うと、最低でも1000時間は必要だと言われています。

1000時間というのは毎日3時間勉強を11ヶ月間コンスタントにして達成できる数字です。

社会人の方であれば、仕事以外の時間でこの時間を捻出しなければいけいのですかなり険しい道のりですね。

必要な学習時間はおよそ1000時間

3ヶ月で合格できるというのはかなり稀

インターネット上にはたった3ヶ月で行政書士試験に合格!という方も見かけますが、これはかなり稀なケースだということを覚えておいてください。

この人たちは暗記力が抜群で、もともと学校でも成績もトップを取ってきたような一部の人の話です。

もしくは本番当日にかなりの強運を持っていてたまたま合格できた人です。

ほとんどの方が私と同じようにいわゆる天才と呼ばれる人ではないはずです。

当日の強運にかけるよりも地道にコツコツと日々の学習を積み重ね、合格の確率を少しずつ上げていくことを私はオススメします。

行政書士に合格するための学習方法

では行政書士試験に合格するためにはどのような学習をすれば合格できるのでしょうか?

まず過去問だけで合格を目指すことはやめてください。

先ほども説明しましたが、この試験は毎年傾向が変わります。なので過去問から同じ問題が出題されることは極めて低いです。

あくまで過去問は学習の補助という形で、さらっと見ておく程度に留めましょう。

過去問だけで合格を目指さない

効率の良い方法は通信講座を使うこと!

もしあなたが予備校などに通わずに自分で勉強をすると決めているのであればオススメなのは通信講座を利用することです。

行政書士試験は市販の教材だけでも合格することはできますが、かなり難易度が高いです。

であれば、その道のプロが今までの試験を分析して作った教材を使うことが一番効率の良い学習方法だと言えます。

私がオススメしている通信講座は、『フォーサイト』です。

合格率37.3%というかなり優秀な数字を叩き出している教材です。

>>フォーサイト公式

行政書士

通勤・通学を上手く活用したいなら

社会人の方であれば、通勤の電車が唯一勉強できる時間だという方も多いはずです。

そんな方にオススメなのがスマホを使って学習のできる『スタディング』です。

スタディングはスキマ時間があればどこでも携帯やタブレットを使ってオンライン講義を受けることができます。

通勤・通学、人との待ち合わせ、休憩時間などスキマ時間を全て勉強時間へと変えることができるので忙しい人には抜群にオススメの教材と言えます。

無料体験も行っているので気になる方はまず利用してみましょう。

>>すぐに無料体験!

行政書士

行政書士に合格したらできること

ここまで行政書士試験は決して簡単ではないというお話をしてきました。

『なんだ、行政書士試験は難しいなら受験するの辞めておこう』そう思った方もいるかもしれません。

そんな方に伝えたいのが行政書士試験に合格した後の未来のお話です。

行政書士という仕事はたくさんの可能性を秘めている仕事です。

この資格を持っていれば、誰でも開業ができます。さらに扱える書類の数は1万件以上と言われていて幅広い業務をすることできます。

堅実に実績を積み重ねていけば3年以内に年収1000万円も狙える業界です。

試験が難しい=合格した後はチャンスだと思ってください。

なぜなら簡単な試験であれば誰でも合格することができるのでその分価値は落ちます。逆に難しければ難しいほど価値は上がるのです。

決して簡単な道のりではありませんが、それを抜けた先の未来を想像しながら目の前の勉強を進めていけば合格への道は近づいてくるはずです。

結論:行政書士は簡単ではないけど合格する価値はある

今回の記事の結論は行政書士試験は簡単ではないですが、合格する価値はあるということです。

噂でささやかれているように誰でも3ヶ月で合格できるというような夢のようなことはありませんが、それでも日々コツコツと正しい努力を行っていけば必ず合格できる試験です。

未来で自分が行政書士として活躍している姿を想像しながら、日々の勉強に取り組んでみてください。

きっと素敵な未来があなたを待っているはずです。

最後に今回の内容を簡単にまとめておきます。

まとめ
  1. 行政書士試験は簡単ではない
  2. 目安の学習時間は1000時間
  3. 行政書士に合格した後の未来は明るい

では今回は最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です