行政書士

行政書士は儲かるのか?食えない資格と呼ばれる理由と平均年収の実態

今回は行政書士は儲かるのか?をテーマにして記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
行政書士って儲かるのかな?よく食えない資格ってネットでは言われているけど平均年収とかどのくらいなんだろう?

今回はこういった疑問を解決していきます。

この記事で分かることは次の3つです。

今回の記事で分かること
  1. 行政書士は儲かるのか?
  2. 食えない資格と言われている本当の理由
  3. 行政書士の平均年収

行政書士として独立するのであれば誰しも稼ぎたい!と思うはずです。

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて行政書士として稼ぐヒントにしてみてください。

行政書士は儲かるのか?

結論としては、きちんと努力ができる人であれば儲かる職種だといます。

行政書士は9割が3年以内に廃業するとも言われています。あなたはこれがなぜだが分かりますか?

その理由はマーケティングを間違えているからです。行政書士の業務は様々な分野があります。

有名どころでいくと、許認可業務、遺言・相続、離婚業務、国際業務、会社設立、契約書作成などです。

失敗する人はこれらのどの業務を初めに狙うか?も考えないままスタートをするので3年以内に廃業という悲惨な形になってしまうのです。

再認識しておくべきことは、行政書士として開業するということは1人の経営者になるということです。行政書士の開業は資格さえあれば誰でも簡単にできます。

それがゆえにロクに考えもせず、見切り発車でスタートする人が本当に多いです。もし行政書士として儲けたいという思いがあるのならまずは自分が1人の経営者であることを自覚してください。

行政書士が儲からないと言われる理由

ネットではよく『行政書士は儲からない』と言われていますね。

これは半分正解で、半分不正解です。

なぜなら先ほども話したように行政書士は開業から3年以内に9割の人が廃業します。

その視点から見ると行政書士は儲かりません。

しかし残りの1割の視点から見てみましょう。彼らはライバルが3年以内で消えていきます。

敵が勝手に自滅している状況なわけです。ビジネスとは競争です。

敵がいなければ残った人が勝ちますよね?おそらくこの1割の人に『行政書士は儲かりますか?』という質問をすると『儲かる』という回答が返ってくるはずです。

その人たちの視点から見れば行政書士は儲かるのです。

つまりネットで稼げない資格と言われている理由は、稼げない9割の人、行政書士になったこともない人、試験に不合格続きの人が腹いせに書いているのに過ぎないのです。

行政書士の平均年収

では行政書士の平均年収はどのくらいなのでしょうか?

日本行政書士連合会が2018年に行ったアンケートでは次のような回答になっています

日本行政2018年10月号

年間売上高人数割合
H30
割合
H25
500万未満3.41578.7%78%
1000万未満49211.3%11.4%
2000万未満2305.3%5.0%
3000万未満801.8%1.9%
4000万未満350.8%0.9%
5000万未満230.5%0.6%
1億未満360.8%0.7%
1億以上110.3%0.3%
未回答160.4%1.2%
合計4338100%100%

こう見ると500万円未満が8割以上を占めていることが分かります。

正確な平均年収は分かりませんが、おそらく300〜500万円辺りだと推測ができます。

つまり平均年収はかなり低めですね。

ただ上位を見てもらえれば分かりますが、上位1割は1000万円以上稼げているわけです。

すごい人は1億円を超えていますね。つまり上を見れば稼いでいる行政書士はたくさんいることが分かります。

上を見るか、下を見るかで見え方が全く違いますね。

行政書士が儲けるためにするべきこと

では行政書士として儲けるにはどうすればいいのでしょうか?

結論としては次の2つができるようになれば行政書士として成功ができます。

  • 業務スピードを上げる
  • 集客を増やす

これらを1つずつ深掘りしていきます。

業務スピードを上げる

まず1つ目が業務スピードを上げることです。

行政書士の仕事には値段が決まっていません。ただ相場でおよそこのくらいというのが設定されています。

例えば古物商の許可であれば相場単価が5万円ほどです。

極端な例を出して話すと、この仕事を1時間で終わらせれば時給が5万円、100時間かけたとしたら時給が500円になるわけです。

つまり行政書士は業務スピードと比例して時給が変わります。

どれだけ業務スピードをあげれるか、またどれだけ業務に精通しているかが収入を上げるには重要なポイントになります。

集客を増やす

2つ目が集客ができるということです。

どれだけ業務スピードが早くて仕事ができてもお客さんがいなければ全く意味がありません。

つまり集客がきちんとできる→業務を早くこなせるのサイクルをうまく回せた時に行政書士は成功します。

集客の方法にはインターネットを使った集客や、アナログでの集客、SNSを活用した集客など方法は様々です。

どれが一番効果的ですか?と思う方は全てやってみましょう。その中で自分に合った集客方法が必ず見つかるはずです。

開業したばかりの方にオススメの3冊

開業したばかりの方はどうすればいいのか分かりませんよね。

とにかくまずは勉強しましょう。情報を集めるんです。

冒頭でも話しましたが、行政書士の9割が廃業するのは何も考えずに見切り発車した結果です。

そうならないためにも自分がどうやって行政書士として戦うか?の道筋を立てていきましょう。

下の3冊は開業前に読んでおくのにオススメの本になります。

行政書士で一番儲けた人


最後に行政書士として大成功を収めた方を紹介します。行政書士の人であればほとんどの方が知っているのではないでしょうか?

それが金森重樹さんです。

金森さんは元々借金1億2千万から行政書士として開業し、初年度から6000万円を売り上げ、開業から3年目から年収1億を達成した伝説の行政書士です。

実際に金森さんがどのようにしてお金を稼いだのかは上の動画を見れば分かります。

金森さんのように考え方ひとつで稼げないと言われているこの業界でもずば抜けて儲けることができるんですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は行政書士は儲かるのかをテーマにして、行政書士の平均年収などを書いてきました。

今回の内容をまとめると次のようになります。

まとめ
  1. 行政書士は上位1割に入れば1000万以上稼げる
  2. 平均年収はおよそ300〜500万円
  3. 行政書士として成功するには①業務スピードを上げる②集客を増やすの2つが重要

ぜひこの記事を読んでいるあなたも年収1000万円以上を目指してみてください!

今回の記事の中で分からないことや、ここをもっと知りたいなど要望があればぜひコメントお待ちしております。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です