行政書士

行政書士の配点と分野別の目標点数【民法・行政法が最大のポイント】

今回は行政書士の行政書士の配点と分野別の目標点数について取り上げていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
行政書士試験の配点ってどんな感じなんだろう?それぞれの分野どのくらいの点数を目標にして勉強すれば良いのか教えて欲しい。

今回はこういった疑問を解決していきます。

この記事を読んでいただければ次のようなことが分かります。

今回の記事のメリット
  1. 行政書士試験の配点
  2. 分野別の目標点数
  3. 行政書士試験の合格条件

結論としては民法・行政法が合否の分かれ目になります。

ぜひ最後まで読んでいただいて、行政書士試験合格を戦略的に目指してみてください!

行政書士試験の配点

行政書士試験は300点満点中6割の180点を取れば合格することができます。

試験の配点は次の表のようになります。

出題形式科目問題数配点
法令等5肢択一基礎法学2問8点
憲法5問20点
行政法19問76点
民法9問36点
商法・会社法5問20点
多肢選択式憲法1問8点
行政法2問16点
記述式民法1問20点
行政法2問40点
一般知識5肢択一政治・経済・社会7問28点
通信・個人情報4問16点
文章理解3問12点
合計60問300点

この表からも分かるように行政書士試験は民法と行政法の配点がとにかく大きいです。

この2つの分野だけでなんと188点も配点があるのです。これは全体が300点なので約6割に当たります。

つまり民法・行政法の得点を上げることができれば必然的に行政書士の合格率も引き上げることができます。残った一般知識の足切りさえクリアができれば余裕に合格できますね。

ただ簡単にはいかないのが行政書士試験です。

次に各分野どのくらいを目標点数にして勉強をしていくのが良いのかを解説していきます。

行政書士試験で分野別の目標点数

各分野別の目標点数は以下のようになります。

  • 基礎法学:4点/8点
  • 憲法:12点/20点
  • 行政法:64点/76点
  • 民法:28点/36点
  • 会社法:12点/20点
  • 多肢選択:18点/24点
  • 記述式:30点/60点
  • 一般知識:32点/56点

これで合計200点になります。合格点数は180点なので高めに設定はしています。

ただ目標点数は少し多めに設定しておくことをお勧めします。なぜなら少し高めにしておいたほうが達成はしやすいからです。

これらを1つずつ深掘りしていきます。

基礎法学の目標点数

基礎法学の目標点数は4点/8点です。

基礎法学は2問しか出題されず、対策を取るのが難しい分野でもあります。

可能であれば8点取りたいところではありますが、毎年の傾向としてはどちらか1問は解けるような問題で、もう一つはかなり難易度の高い問題とする傾向があります。

なので取れる問題は確実に取りこぼさないようにしましょう。

憲法の目標点数

憲法の目標点数は12点/20点です。

5問中3問正解できればクリアです。

憲法のポイントはとにかく判例を覚えておくことです。

判例でどのような結果に最終的になったのか?これを押さえておくだけでも憲法の目標点数は確実に取れるはずです。

行政法の目標点数

行政法の目標点数は64点/76点です。

19問中16問になります。行政法は行政書士の試験で一番配点が大きな分野です。

とにかくここは取りこぼさないように得点を取りにいきましょう。

毎年3問くらいはかなり難易度の高い問題が出てきますが、それ以外は過去問や模擬試験、テキストで対策しておけば取れる問題です。

暗記の要素も大きな分野なのでとにかく毎日積み重ねましょう。

民法の目標点数

民法の目標点数は28点/36点です。問題数なら9問中7問になります。

民法は記述もあるので択一では高得点を取れるくらいの知識を本番までにはつけておきたいです。

おそらく行政書士試験の中で一番学習時間がかかる分野だと思います。

なのでまずは民法の学習から始めましょう。最初は全くわからないと思いますが、続けていると段々と楽しくなってきます。

民法を得点源にできればかなり合格は安定します。

会社法の目標点数

会社法の目標点数は12点/20点です。5問中3問です。

会社法はかなり範囲が広いです。その割に配点が20点と少なめなので人によっては全く学習せずに捨てるという人もいます。

それはそれで私はアリだとは思っています。

その代わりに民法と行政法はかなりの高得点を狙いにいかないといけません。

会社法は過去問や、問題集を解きながら出題の傾向を把握してから暗記をしていくことが効率が良いと思います。

多肢選択の目標点数

多肢選択の目標点数は18点/24点です。12問中9問になります。

多肢選択はあらかじめ正解が用意されていて、その答えを選ぶことになります。

なので他に比べると得点は取りやすい分野かとは思います。

ただよく似たような語句が用意されているので、簡単に選ぶことは難しいです。

ケアレスミスなどのないように選択欄にある語句をしっかりと全て確認しましょう。

記述式の目標点数

記述式の目標点数は30点/60点です。半分得点が取れれば良い方ではないかと思います。

ただ記述の採点の厳しさは毎年変わります。

択一の問題が簡単な年であれば記述が厳しくなりますし、逆に択一が難しい年度であれば記述の採点が緩くなります。

なので記述ではなく、択一で合格点を取りきってしまうのが一番理想ではあります。

一般知識の目標点数

一般知識の目標点数は32点/56点です。14問中の8問です。

一般知識は最低でも6問は正解しないと足切りになってしまいます。

なので最後の文章理解3問を確実に得点して、後は取れそうな問題をしっかりと得点していきましょう。

行政書士試験の合格条件とは?

行政書士の合格には3つの条件があります。

これらのどれか1つだけでも欠けてしまうと不合格になってしまうので注意しましょう。

行政書士試験の合格条件
  1. 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、122点以上
  2. 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上
  3. 行政書士試験全体の得点が、(300点満点中)180点以上

合格点が180点以上ということは知っているけど、一般知識を24点以上絶対に取らないといけないということを知らない人もたまにいます。

この3つの条件が揃って初めて試験合格となるので注意しましょう。

まとめ

今回は行政書士の配点と分野別の目標点数について説明してきました。

しっかりと行政書士試験の配点と目標点数を設定し、それに向けて勉強時間を使っていくことが大切です。

別の記事で実際に私が10ヶ月の独学で合格した方法も書いているのでよかったらそちらも参考にしてみてください。

行政書士に10ヶ月の独学で一発合格した勉強方法とは?今回は私が10ヶ月の独学で行政書士試験に実際に合格した勉強方法について解説していきます。 今回はこういった疑問を解決してい...

では最後までお読みいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です