行政書士

行政書士ができる4つのこと【行政書士の独占業務】

今回は行政書士ができることについて説明していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
行政書士ってどんな仕事ができるの?司法書士とは何が違うの?

今回はこういった疑問を解決していきます。

この記事を読んでいただければ次のようなことが分かります。

今回の記事分かること
  1. 行政書士ができること
  2. 行政書士ができないこと
  3. 行政書士と司法書士の違い

ぜひ最後まで読んでいただいて、行政書士がどんな仕事をしているのか理解を広げてみてください。

行政書士にできることは?

では具体的に行政書士はどんなことができるのでしょうか?

結論から言うと行政書士ができる仕事内容は大きく分けて以下の4つになります。

  1. 官公署に提出する書類の作成
  2. 権利義務に関する書類の作成
  3. 事実証明(実地調査に基づく図面類を含む)に関する書類の作成
  4. 作成できる書類に関する相談業務

これらを一つずつ深掘りしていきます。

官公署に提出する書類の作成

官公署に提出する書類とは、許認可と呼ばれる業務になります。

例えば飲食店の営業許可手続きや、会社設立、帰化申請から建設業・宅建業の許可申請などと、とにかく幅広いです。

扱える書類の数はなんと1万種類以上とも言われています。

この官公署に提出する書類の作成を代理で行うことができるのが行政書士とされています。

権利義務に関する書類の作成

権利義務に関する書類の作成とは相続時の遺産分割協議書や契約書の作成などのことです。

法律に深く関わるのがこの分野になります。

行政書士試験に民法が出題されるのはこういった業務をきちんと行えるようになるためです。

試験勉強の時点である程度民法の知識をつけておけば、実務になってからもかなり有利に戦うことができます。

行政書士試験の民法で8割以上の得点を取るための学習方法【合否の分かれ目】今回は行政書士試験のポイントである民法の学習方法を解説していきます。 今回はこのような悩みを解決していきます。 この...

事実証明に関する書類の作成

事実証明に関する書類の作成とは作成できる社会生活にかかわる交渉を有する事項を証明するにたる文書をいいます。

例えば株式会社の設立時に必要となる定款の作成や、内容証明の作成、会計帳簿などです。

作成できる書類に関する相談業務

4つ目が作成できる書類に関する相談業務です。

これはシンプルに行政書士が取り扱える業務に関しての相談に乗ることができるということです。

行政書士ができないこともある

ここまで4つ行政書士ができることを説明してきました。

ただこの4つの業務の中でも、行政書士は他の法律によって制限されているもの、また独占されているものに関しては、代理ですることができません。

例えば税理士法によって定められている税務書類の作成、司法書士法によって制限される登記書類作成、そのほか社会保険労務士法によって制限がある社会保険・労働関係の書類作成などです。

4つの業務が全てできるわけではなく、他の士業の領域を犯すことはできないということに注意しましょう。

行政書士は他の法律で制限されているものは代理できない。

争いが起きたら弁護士にバトンタッチ

行政書士はよく『街の法律家』という風に呼ばれたりします。

弁護士は争いが起きた時に活躍します。一方で行政書士は争いが起きる前に活躍します。

契約書の作成や、遺言書の作成、離婚協議書の作成などこれらは全て今後争いが起きないために作成されるものです。

一度両者の間で争いが起きた時に行政書士は間に入ることができません。その時には弁護士にバトンタッチしなければいけないのです。

『争いが起きないように市民にとって身近な法律家であること』

それこそが行政書士の最大の仕事なのかもしれません。

争いが起きたら行政書士は間に入れない

専門分野を決めている人がほとんど

ここまで行政書士のできること、できないことを話してきました。

お分かりの通り、行政書士ができる仕事の幅というのはかなり広範囲に渡ります。

そのため全ての業務を完璧にこなすというのは無理があります。

なのでほとんどの人は専門分野を決めています。例えば相続を専門にする行政書士、国際関係を専門にする行政書士、建設業を専門にする行政書士という風にです。

行政書士×〇〇で市場は広がる

行政書士だけでご飯を食べている人は実はかなり少ないです。

ではどのように行政書士の方は生計を立てているのでしょうか?

結論としては他にも仕事を持っている方が多いです。

例えば不動産の営業をされていたり、会社員をしていたり、多いのは他の士業とダブルライセンスを持っているというパターンです。

行政書士は3年以内に廃業する確率が9割を超えると言われています。そんな中でも生き残る方法は、行政書士と別の違う分野を掛け合わせることです。

例えば行政書士×IT、行政書士×英語、行政書士×不動産などです。

そうすることで行政書士だけでは獲得できなかった別の市場にも手を広げることができます。

司法書士と行政書士はどう違うのか?

行政書士と司法書士の違いがわからないという方も多いと思います。

司法書士は法的な書類の作成や登記の専門家のことを言います。つまり登記に関する業務は司法書士の専門領域になります。

一番分かりやすい例だと、不動産を購入した時に登記をしますがその時に代理で頼むのが司法書士です。

行政書士には不動産の登記はできません。

また会社設立の登記も司法書士でなければできません。

行政書士は登記以外の書類の作成まではできますが、最終会社の登記に関しては司法書士の方に仕事をお願いしなければいけません。

また行政書士が作成した書類の提出期間は行政機関(国の機関や都道府県、市町村など)になりますが司法書士は法務局や裁判所が主な書類の提出先になります。

このように作成した書類の提出先が異なるのも行政書士と司法書士の違いになります。

まとめ

行政書士のできることについてイメージはできましたでしょうか?

今回は行政書士のできることや独占業務について説明をしてきました。

内容をまとめると次のようになります。

まとめ
  1. 行政書士は行政機関に提出する書類を作成できる
  2. 業務はとにかく多岐に渡る
  3. 争いが起きたら弁護士にバトンタッチ
  4. 行政書士は司法書士のように登記ができない

ここまで読んで自分も行政書士になってみたい!と思った人はぜひ私が実際に行った10ヶ月の学習方法を参考にしてみてください。

行政書士に10ヶ月の独学で一発合格した勉強方法とは?今回は私が10ヶ月の独学で行政書士試験に実際に合格した勉強方法について解説していきます。 今回はこういった疑問を解決してい...

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です