宅建

忙しい主婦でも宅建に独学で合格するための効率的な勉強方法とは?

今回は忙しい主婦の方が宅建に合格するための効率的な勉強方法についてご紹介します。

主婦の方の中には、今後お子さんが大きくなった時に何か資格を持っておいて再就職できるようにしておきたい。

こんな悩みをお持ちのかたも多いではないでしょうか?

今回の記事はそんな方にオススメの内容となっています。

この記事を読んでいただければ次のようなことが最終的に分かります。

今回の記事で分かること
  1. 主婦で忙しくても宅建に合格する方法
  2. どのくらいの時間勉強すればいいのか?
  3. 主婦でも宅建に合格したら就職できるのか?

現在主婦の方で、これから宅建資格取得を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

忙しい主婦が宅建に合格するための効率的な勉強方法とは?


主婦の方は毎日家事から子供の送り迎えなど時間が日々時間のない生活を過ごしているのではないでしょうか?

そんな中でもこれから子供が大きくなってきたときにまた就職できるように資格を取得しておきたいと考えている方も多はずです。

今回はそんな忙しい中でも効率的に宅建の勉強をできる方法を6つのステップでご紹介します。

以下がその6つのステップになります。

  1. まずは使える時間を計算する
  2. 適切な教材を選ぶ
  3. 勉強する順番を間違えないこと
  4. 1週間ですることを明確化する
  5. テキストは3周以上読む
  6. 過去問を解いてみる

ではこれらを1つずつ深掘りしていきます!

1.まずは使える時間を計算する

まずは使える時間を計算することが大事です。

次の項目を参考にしていただいてご自身の使える時間を紙に書き出してみてください。

  • 1日に勉強できる時間は何時間ありますか?
  • 曜日ごとにその時間を出してみましょう
  • 1週間での合計時間を書き出してみてください

まずこの3つを書き出すことによって必然的に1ヶ月の勉強できる時間も出せるはずです。

この時間を算出する際のポイントは少し余裕を持って計算しておくことです。

当たり前ですが、普段の生活の中で思わぬ予定が入ることもあるはずです。

そういったこともある程度考慮に入れて少し少なめに計算しておきましょう。

以外にも自分が1週間にどれくらいの時間を勉強に使えるのかを把握していない人が多いです。

まずは使える時間をしっかりと把握していきましょう!

2.適切な教材を選ぶ


次にすることが適切な教材を選ぶことです。

基本的に教材選びは自分が一番読みやすそうなものを選ぶのが一番いいです。

ただ大切なことは何冊も購入せずにテキストは絞って勉強することです。

よくテキストだけをたくさん購入して満足をしてしまう人がいますが、宅建試験はとにかく同じテキストをやりこんだ方が合格率は上がります。

私個人の意見としてはやはりテキストは図や絵が多い方が読みやすいのでオススメです。

以前の記事で宅建独学にオススメの教材については書いてあるので参考にしてみてください。

http://kiokunokiroku.com/%e5%ae%85%e5%bb%ba%e7%8b%ac%e5%ad%a6%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bb%e5%95%8f%e9%a1%8c%e9%9b%86%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%80%90/

3.勉強する順番を間違えないこと

宅建には4つの分野があります。

それが宅建業法、権利関係、法令上の制限、税その他です。

私のオススメは次の順番で学習を進めていくことです。

  • 1.宅建業法
  • 2.法令上の制限
  • 3.権利関係
  • 4.税その他

なぜこの順番がオススメなのかというと、宅建業法、法令上の制限は暗記科目で比較的簡単な分野だからです。

もっとも難しいのが権利関係になります。

権利関係から勉強を始めてしまうとおそらく挫折する方が多くなるはずです。

また権利関係は範囲も広いので全てを網羅的に勉強するのにはかなりの時間が必要になります。

それよりも先に宅建業や、法令上の制限など決まった範囲のことを覚えきってしまえば合格率はかなり上がるはずです。

また税その他に関しては最後でも良い理由はそれほど範囲が広くないからです。

ある程度出る内容も決まっているのでこれは試験直前1ヶ月前でも問題はありません。

4.1週間ですることを明確化する


ではどのくらいの時間が使えるのか、どのテキストでどの順番で学習していけばいいのかがわかりました。

次に1週間にどのような学習をするのかを書き出しましょう。これをすることが1週間でしなければいけないことが明確化されます。

例えば月曜日は使える時間が4時間あるから宅建業法のテキストを1周読もう。水曜日は1時間しか使えないからテキスト30ページ分をまとめようなどです。

1週間ごとにこれをすることでそれほど変更なく学習を進めていけるはずですし、モチベーションアップにも繋がります。

5.テキストは3周は読む

テキストをまずは最低でもテキストは3周は読みましょう。

最低でもなのでもっと読むことに越したことはありません。

ただ3周も読んてみるとある程度どんなことが書かれているのかが覚えれてくるはずです。

最初の1周目は全くわかりません。私も何もわからず1周テキストを読んだことを覚えています。

ただ回数を増やしていくごとに入ってくる情報の精度が上がってくるのがわかるはずです。

まずは苦しくてもとにかく読み続けましょう。

宅建の勉強でテキストを読む時は◯◯を意識するだけで2倍効率アップ!?今回は宅建のテキストを勉強する時に効率を2倍以上あげる方法をご紹介します。 こんな方に向けて、この記事は書いていきます。 ...

6.過去問を解いてみる


テキストが3周できたら次は過去問を解いてみましょう。

問題を解くのは初めてなので間違えることも多いはずです。

全く問題ありません。何度も繰り返しているうちに問題のパターンが見えてくるはずです。

過去問を解いた後の解説は丁寧に読み込んでいきましょう。

このサイトはとても丁寧に解説をされているのでぜひ問題を解いた後には参考にしてみてください。

もっと効率を求めるならオンライン講座がオススメ!

もっと効率よく合格を目指したい!という方にオススメなのがSTUDYing(スタディング)のオンライン講座です。

主婦の方であれば資格の学校に通うのは難しいはずです。

しかしSTUDYing(スタディング)は、通学する時間がないという方でもスマートフォンやタブレットで時間があるときにいつでもオンラインの講義を受けることができるんです。

まるでテレビ番組を見ているような感覚で宅建の学習を進めることができます。

隙間時間をうまく活用して効率よく合格したい!という方はまずはSTUDYing(スタディング)の無料講座から利用してみてはどうでしょうか。

スタディングの無料講座

宅建

学習期間はどのくらい?


合格までの学習時間はもちろん人によって異なりますが一般的には300時間と言われています。

なので単純計算で1日に1時間勉強できる人であれば、10ヶ月。

1日に2時間勉強できる人で5ヶ月。

3時間勉強できる人で3ヶ月ということになります。

なので最初にも書いたようにご自身がどのくらいの時間を1日の勉強時間に当てることができるのかを把握することが大切です。

それによって合格までの期間が分かります。

主婦でも宅建に合格すれば就職先はある?

結論からいうと主婦であっても宅建を持っていれば就職先に困ることはないはずです。

なぜなら不動産の仕事では宅建にしかできない業務が存在します。

つまり不動産会社は宅建士の資格を持っている人を求めているのです。

なのでもしあなたが宅建に合格した後は、自信を持って不動産会社に面接を受けに行ってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は忙しい主婦が宅建に合格するための効率的な勉強方法についてまとめてきました。

内容をまとめると次のようになります。

まとめ
  1. まずは使える時間を把握する
  2. テキスト→過去問を繰り返す
  3. 効率を求めるならSTUDYing(スタディング)がオススメ!
  4. 合格までの必要時間は300時間
  5. 宅建を持っていれば就職には困らない

今回の内容を参考にしていただいて毎日忙しい主婦の方、しっかりと合格というチケットを手に入れてください。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です