おすすめの教材

宅建の民法が苦手な人におすすめするテキスト7選【学習のコツも紹介】

今回は宅建の民法が苦手な人におすすめするテキスト7選を紹介します。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建の民法難しすぎる。どんなテキストを使ったら良いか教えて欲しい。あとは民法の学習する時のコツも知りたいな。

今回はこういったお悩みをお答えします。

この記事を読むことのメリットは以下の3点です。

今回の記事のメリット
  1. 宅建民法の得点をUPできる
  2. 宅建民法の学習にオススメのテキストを知れる
  3. 宅建民法の学習のコツが分かる

宅建試験で民法を苦手としている宅建受験生はたくさんいますが、ぜひ今回の記事を参考にしてただいて、民法を苦手分野から得意分野に変えてください。

民法を学習するのにオススメのテキスト7選

宅建の権利関係を学習するときにオススメの教材を紹介します。

人によって合う教材、合わない教材があるので一概には言えませんので、実際に書店で軽く目を通してみることをお勧めします。

※難易度が低い順から紹介していきます。

法律を読む技術・学ぶ技術

法律を読む技術・学ぶ技術[改訂第3版]【電子書籍】[ 吉田利宏 ]

created by Rinker
¥1,750
(2019/09/21 00:08:46時点 楽天市場調べ-詳細)

法律を初めて学ぶ人は「法律用語がわからない」「勉強のしかたがわからない」というようなそもそもの大前提でつまずいています。

しかしこの本ではそういった基本的なことから書かれているので民法の知識が全くない!という方にオススメできる1冊です。

  • タイトル通り、読む・学ぶための入門として、図も多いので読みやすく、解説も例えが豊富で分かりやすいのではないかと思います。
  • 挿絵が、面白い。そして、文章も硬くなく、やわらかく、サクサクと読めて、2時間くらいで読めました。
  • めちゃくちゃ面白い。一項目が基本2.3ページに納まっているので読みやすくなっている。

この1冊で宅建試験の対策ができるわけではありませんが、この本を読んでから法律を勉強するのとしないのでは、理解の早さに格段の差が出ると思います。

そもそも民法が何かよくわかっていない!という方にはまずオススメの1冊です。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書

2019年度版 みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [ 滝澤 ななみ ]

created by Rinker
¥3,240
(2019/09/21 00:08:46時点 楽天市場調べ-詳細)

宅建試験の王道テキストです。

アマゾンの宅建テキストのカテゴリーで人気NO1の教材です。

  • カラーや字体が豊富で、まとめ方も工夫されていて非常に分かり易いです。
  • センテンス毎の説明文が短くて明快!行間広めでギッシリ系でないところも気に入りました。
  • 分厚いですが、3分冊に小分けできます。「板書」の部分は手書き文字で記載されており、実際に講義を受けながら板書を見ているようで、本書のアクセントにもなっており、とっても頭に入りやすいです。

民法以外の宅建業法や法令上の制限についても分かりやすく要点がまとめられています。

宅建の教材を何にしようかな?と悩んでいる人にはまずオススメの1冊です。

2019年版「らくらく宅建塾」

らくらく宅建塾(2019年版) 宅建士基本テキスト (らくらく宅建塾シリーズ) [ 宅建学院 ]

created by Rinker
¥3,240
(2019/09/21 00:09:01時点 楽天市場調べ-詳細)

イラストは他の教材に比べると少ないものの、講義を聞いているような感じでスラスラと読むことができます。

  • 平坦な言葉で書いていて、どこがポイントなのか非常に分かりやすいです
  • 自分は勉強&読書も全くしない人ですがこの本はあっという間に1単元を読んでしまいました。
  • とても分かりやすく、よく理解できます。独学で勉強される方には良いと思います。

語呂合わせなども用意されているので、覚えるべきポイントを暗記しやすいです。

イラストよりも内容を重視する方にオススメの一冊です!

マンガ宅建塾 2019年版

【送料無料】 マンガ宅建塾 2019年版 らくらく宅建塾シリーズ / 宅建学院 【本】

『らくらく宅建塾」の漫画バージョンです。教材でらくらく宅建塾を選んだ方にはよりオススメの1冊です。

この本だけで試験問題は解けるようにはなりませんが、民法が苦手な人には漫画を使うことによってかなりイメージがしやすくなると思います。

テキストよりも漫画でまずは勉強したい!という方にはオススメの1冊です。

【独学】まずは宅建の漫画で勉強してみるのが分かりやすい!今回は宅建のマンガを使った学習方法についてご紹介します。 宅建をいざ勉強しようと思っても最初は難しくて何から勉強したらいい...

民法がわかった!

民法がわかった改訂第4版 [ 田中嗣久 ]

created by Rinker
¥2,700
(2019/09/21 00:09:01時点 楽天市場調べ-詳細)

民法の初学者には大人気の民法教材です。民法が苦手すぎる!という方にオススメの1冊です。

  • 分かりやすい言葉に安堵の一冊です!買って損無しの一冊ですよ!
  • TACのテキストだけでは理解できないところもこの本を読めばかなり理解が深まると思います。得点アップは間違い無いと思います。
  • 要点を分かりやすく解説していて見やすいです。資格取得にも、その後の参考にも役立つと感じました。

購入者の評価も高く、『分かりやすかった』、『スラスラと読める』というコメントが多数あります。

民法を全く知らない人が読んでも理解できるはずです。

300ページとボリュームはたっぷりですが、楽しく民法について学ぶことができるので宅建受験生の方はぜひ購入しておきましょう。

山本浩司のオートマシステム

山本浩司のオートマシステム 1 民法1 2020年試験向け 改正民法対応版 [ 山本 浩司 ]

created by Rinker
¥2,376
(2019/09/21 00:09:01時点 楽天市場調べ-詳細)

山本浩司のオートマシステム 2 民法2 2020年試験向け 改正民法対応版 [ 山本 浩司 ]

created by Rinker
¥2,376
(2019/09/21 00:10:07時点 楽天市場調べ-詳細)

山本浩司のオートマシステム 3 民法3 2020年試験向け 改正民法対応版 [ 山本 浩司 ]

created by Rinker
¥3,132
(2019/09/21 00:10:07時点 楽天市場調べ-詳細)

私が民法の教科書として一番オススメしている一冊です。

ただし、宅建試験であればここまで広い民法の知識は必要とされていません。

特に宅建の場合には借地借家法がメインとなるのでそれに比べるとかなり範囲が広いことが書かれています。

司法書士の勉強をする方の入門書のような一冊です。その分この3冊を読んでおけばかなり民法の知識は高まります。

  • 本書は、司法書士に限らず、民法を勉強したい全ての方にオススメします。
  • 問題解説が、法律の背景までわかりやすくて良かったです
  • 理解して、そして楽しく勉強して、圧倒的な得点力を身につけたい方全てにオススメします

もっと民法に関する知識を高めたい!という人にはオススメの1冊です。

時間に余裕があって、プラスαで民法の知識を深めたいという方は購入してみてください。

国家試験受験のためのよくわかる

国家試験受験のためのよくわかる民法第8版 [ 神余博史 ]

created by Rinker
¥3,240
(2019/09/21 00:10:07時点 楽天市場調べ-詳細)

難易度は高めです。宅建でも使える民法の知識はありますが、行政書士や司法書士で出題されるような問題をベースにして作られています。

民法を理解するの手助けになるような1冊です。

  • 一通り通読しましたが、非常に読みやすいテキストだと思いました
  • 宅建の際はパターンや暗記が中心で、意味や背景を理解出来ていなかったので、理解する為の勉強に最適だと感じます。
  • 行書合格後にがっつり民事法務やりたい人や司法書士を目指している人向けかな。

宅建試験では必要とされていない知識まで書かれているので、合格後も法律を使って仕事をしたい!という意識を持った方にはオススメの1冊です。

単に宅建試験に合格したい!だけの人には難易度が高くあまりオススメはできません。

宅建試験の民法を勉強するコツ

宅建試験の民法を勉強するときのコツは以下の4つを意識することです。

  1. 民法はなぜ存在するのか?
  2. 善人が誰で、悪人が誰なのか?を意識する
  3. 誰と誰が争っているのかを理解する
  4. 原則と例外を意識する

これらを1つずつ解説していきます。

そもそも民法とはなぜ存在するのか?

さて、ではなぜ民法は存在するのでしょうか?

それは国のルールをしっかりと決めることで、善人を悪人から保護するためです。

しっかりとしたルール(民法)を決めておかないと善人が泣いて悪い人が常に笑う国になってしまいます。

ただこの『民法は善人を守るためにある』という前提を理解しておくと権利関係の問題って結構解けたりするんです。笑

善人が誰で、悪人が誰なのか?を意識する

例えば問題文を読んだ時にABCという3者が出てきたとします。

この中で誰が善人で保護される立場の人なんだろう?誰が悪い立場の人なんだろう?と考える癖をまずつけましょう。

実生活に当てはめてみるのもかなり効果的です。

そうすることで、これは多分この人を守ってあげないといけないだろうなという感じに答えが見つかってきます。

誰と誰が争っているのかを理解する

上記で『誰が保護されるべきなのか』を意識することと言ってきましたが、それを理解するために大事なのが今は誰と誰が争っているのか』ということを知ることです。

民法の問題って文章がダラダラ並んでいて、結局なにが言いたいの?ってなってしまうことがあります。

なので文章ではなく、必ず図形で理解するようにしましょう。

図にすると分かりやすい

例えば、双方代理のケースであれば上記のような図にしてみると分かりやすいです。

簡単で全然構いません。

こうすることでイメージがかなりしやすくなるはずです。ダラダラと書かれていた文も図形にすることで一瞬で理解できてしまうのです。

慣れてくると頭の中でこの図が描けるようになってくるのですが、慣れるまではきちんと一題ずつ図形を書くようにしましょう。

原則と例外を意識する

何事もそうですが世の中には例外というものが存在します。

民法にももちろんこの例外が存在します。それが但し書きというものです。

例えば民法116条で考えてみましょう。

民法第116条

追認は、別段の意思表示がないときは、契約の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

ただし、第三者の権利を害することはできない』の部分が例外に当たります。

そして問題はこの例外のパターンを出題してくることが多いです。

この条文だと原則と例外は次のようになります。

  • 原則:追認は、別段の意思表示がないときは、契約の時にさかのぼってその効力を生ずる。
  • 例外:第三者の権利を害することはできない。

こういう風にどんな時に例外が発生するのかを理解しておくことで権利関係の得点はかなり上がってきます。

過去問や問題を解いているうちに、『このパターンの例外が出題されているんだ』と分かるようになってきます。

全ての条文の例外を覚える必要はありませんよ。

あくまで目的は民法をマスターすることではなく、宅建の権利関係で得点を取ることなので出題されやすい問題にフォーカスしておけばいいのです。

民法の学習方法

では具体的な民法の学習方法を説明します。

以下の4つのステップで進めていきましょう。

  1. テキストを読み込む
  2. 問題を解く
  3. 解説を熟読
  4. ノートに間違えた問題を書き残す

この4つのステップをひたすら繰り返し行えば民法の得点をUPさせることができます。

テキストを読む

まずはテキストを読み込んでください。

この記事で紹介している民法のテキストを購入してひたすら読んでみてください。おそらく民法の感覚がつかめてくるはずです。

1冊は宅建試験のためのテキストを選んで、最低でもそれは3周は読みましょう。

問題を解く

テキストを3周以上読んだ後は問題を解いていきましょう。

インプット→アウトプットを繰り返すことが重要です。

オススメの問題集は別の記事で紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

http://kiokunokiroku.com/%e5%ae%85%e5%bb%ba%e7%8b%ac%e5%ad%a6%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bb%e5%95%8f%e9%a1%8c%e9%9b%86%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%80%90/

解説を熟読

問題を解いて終わりはやめましょう。必ず解説を熟読をしましょう。

この解説を読んだ時が一番力がつきます。

解説を読んで新しい知識や、覚えておくべき内容にはマーカーで印をつけておくと後から見直しができるのでオススメです。

ノートに間違えた問題を書き残す

間違えた問題をノートに書き残しておくのはオススメです。

これをすることでそのノートを見直せばいつでも間違えた問題を見ることができる状況を作ることができます。

通勤や通学、休憩時間など空き時間でノートを見返すことができるので苦手な部分を補強することができます。

民法の得点を飛躍させる方法

それが、『人に教える』ということです。

人に教えることによって自分の中の知識がアウトプットされ更に知識を定着させることができます。

家族でも、友達でも、1人でも構いません。

学んだことを人に伝えるように言葉に出しながら説明してみてください。

どれだけ自分が理解できているのかが把握できると共に、自分が苦手な分野がどこなのかも分かるようになってきます。

インプット→アウトプットで民法を極める

間違った民法の勉強方法

間違った民法の勉強方法、それは条文を全て覚えようとすることです。

条文を暗記することははっきり言って時間がもったいないです。

条文の量はものすごい量あってそれを全て覚えるとなると膨大な時間が必要になります。

よく予備校などで条文の素読を進めているところがありますが、それをするくらいなら問題を解いてみてどんな条文がよく出題されるのかを把握しておくほうが試験の得点に直結するはずです。

自分はめちゃくちゃ暗記に自信がある!という人は別ですが、私ののようにあまり覚えるのは得意ではないという人は条文の暗記はやめてひたすらテキスト、問題を繰り返しながら理解を深めていきましょう。

条文を全て覚えようとするのはNG

民法の目標点数は低め

最後に宅建の民法で目標とする点数を確認しておきましょう。

民法では全部で14問出題されるのですが、このうち8問正解できれば十分です。

14問中の8問正解すればいいのです。

逆に考えると7問も間違えていいわけですよね。そう考えるとなんだかいけそうな感じがしませんか?

14問中8問を正解すればいいだ!という意識で学習を進めていけば気持ちを楽にしていけるはずです。

まとめ

今回は宅建試験の権利関係での学習方法について書いてきました。

内容を簡単にまとめると次のようになります。

まとめ
  1. 民法は基礎を理解しておくと解ける問題がある
  2. 民法の条文を丸々暗記するのはオススメしない!
  3. 宅建で権利関係は14問中8問取れれば合格!

民法というのは奥が深く学習しようと思う膨大な時間を要します。

なので宅建試験に合格する!ということが目標なのであれば条文を全て覚えるというはせずに試験に出る分野にフォーカスを当てて勉強していきましょう。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です