宅建

宅建士の仕事はきつい?気になる宅建士の業務内容を紹介

今回は宅建士の業務内容について紹介していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建士の仕事って何だかきつそう…実際に合格した後にはどんな業務をすることになるんだろう?

そんなことを悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は宅建士が実際にどんな業務を行なっているのかをご紹介させていただきます。

今回の記事を読んでいただければ次のようなことがわかります。

今回の記事で分かること
  1. 宅建士の仕事はきついのか?
  2. 宅建士の業務内容はどんなものなのか?
  3. 宅建士になるメリットは何か?
  4. 忙しい会社員にオススメの勉強法

今宅建の資格に興味がある!という方はぜひ今回の記事を参考にしていただいて合格後にどんな未来が待っているのかを想像してみてください

宅建士の仕事はきついのか?


では宅建士の仕事はきついのでしょうか?

結論から言うと他の不動産営業マンに比べると宅建士に仕事はきつくありません。

もちろん仕事なので全くきつくないか?と聞かれると大変なことも多いです。

しかし他の営業マンが外に出て汗を流しているなか、宅建士はクーラーの効いた部屋で書類の作成などをするのです。

また資格を持っているといる分他の人よりも優遇されますので精神的にもかなり楽ですね。

では具体的に宅建士はどんな業務内容なのかについて次に見ていきます。

宅建士の業務内容


宅建士には不動産会社の中でも3つ独占業務が存在します。

  • 契約締結前の重要事項説明
  • 重要事項(35条書面)への記名・押印
  • 契約書(37条書面)への記名・押印

この3つを業務が他の不動産営業マンと違う点になります。

それぞれ1つずつ深掘りしていきます。

契約締結前の重要事項説明

まず1つ目の独占業務として契約締結前の重要事項説明があります。

例えば家を借りる時、買う時に必ず宅建士の人が契約書の重要事項の説明をしなければいけません。

これをせずに契約をしてしまうと宅建業者には罰金が課されます。

なので成約するたびに宅建士は仕事があります。

この重要事項説明書ですが、かなり長いので初めのうちは読むのにかなり緊張します。

ただ慣れてくると文言なども覚えてくるので楽になってきます。

重要事項(35条書面)への記名・押印

2つ目が重要事項(35条書面)への記名・押印です。

これは先ほどの重要事項の書面に宅建士の人の記名・押印が必要になります。

もしこの宅建士の記名・押印がない書面であればその重要事項説明書は無効になってしまいます。

これも大切な宅建士の業務の一つですね。

契約書(37条書面)への記名・押印

3つ目は契約書(37条書面)への記名・押印になります。

重要事項説明書とは別に契約書も作成されます。

その契約書にも宅建士は記名、押印をしなければいけません。

このように宅建士は不動産の書類に関わる分野で活躍することが多いですね。

もちろん営業も行う


もちろん書類を作って終わりというわけではなく会社にもよりますが宅建士は営業も行います。

ただ他の営業マンと比べると3つの独占業務が存在するのでその分毎日外を走り回っているというわけではありません。

どちらかというと事務仕事が多くなる傾向にあります。

営業で成績を出せなかったとしても、宅建士だからというブランディングがあるのはかなり助かりますよ。

営業+宅建士は最強


不動産業界で一番強いのは営業もできて宅建士でもあることです。

もちろんどちらかの業務が飛び抜けてできるのでも高く評価はされます。

ただどちらかだけだと結局は誰かに最後は頼らなくてはいけなくなってしまいます。

どれだけすごい営業マンでも宅建士の資格を持っていなければ最後は宅建士の人に任せなければいけません。

逆に宅建士の資格だけを持っていて営業ができない人は誰かがお客さんを連れてくるのを待っておかなければいけません。

つまりこの2つを同時に持っている人は1人でも会社を経営することができるのです。

なのでもしこれから不動産会社で独立したい!と考えている方はこの2つの能力をどちらも手に入れてください。

宅建合格ための方法


ここまで読んでいただいて『よし、宅建を取ろう!』と思った方。

どのような勉強方法をすれば宅建に合格できるのかが気になるところですね。

もし時間ががあるので独学で合格したい!という方は以前の記事で私が実際に50日間の独学で合格した方法をまとめてますのでそちらを参考にしてみてください。

勉強期間3ヶ月で宅建に独学で合格するための勉強法【8つの手順でOK】宅建に3ヶ月の独学で合格するための8つのステップを紹介しています。実際に私が50日間の独学学習で行なった方法です。本番は8割の正解率でした。 これから宅建を独学合格目指している方はぜひ参考にしてみてください。...

勉強時間の確保が難しい人は

また今あなたが会社員で勉強時間が全然ない!ということであればオススメの教材はSTUDYingです。

STUDYingは通勤や空いている時間にオンラインで宅建の授業を受けることができます。

スマホやタブレットを使ってどんな時でも学習ができるといのは忙しいあなたにとってはかなりの利点ですよね。

価格も大手資格学校の5分の1程度の価格程度なのもオススメのポイントです!

忙しくて時間がないのであれば、短い時間でも効率よく学習できる環境を作りましょう!

宅建

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は宅建士の業務はきついのか?について説明してきました。

内容をまとめると次のようになります。

まとめ
  1. 宅建士の業務は他の営業マンに比べれば楽
  2. 宅建士には3つの独占業務がある
  3. 宅建士+営業は最強
  4. 時間がない人にはSTUDYingがオススメ!

今回の記事を参考にしていただいてこれから自分も宅建士を目指したい!と思ってくれる方が増えれば嬉しいです。

今回の記事の中でわからない事や、ここをもっと知りたい!など要望があればぜひコメントお待ちしております。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です