民法

地役権と時効について

今回は地役権と時効について説明していきます。

用益物権には地役権の他にも地上権や、永小作権などがあります。

この3つの詳しい説明は別の記事で書いていますので気になる方はそちらを読んでみてください。

地上権、永小作権、地役権の比較今回は用益物権の地上権、永小作権、地役権を比較していきます。 こんな悩みを抱えているかに向けて今回の記事を書いていきます。...

今回はこの3つの権利の中の地役権と時効に焦点を当てて説明していきます。

この記事を読んでいただければ次のようなことが分かります。

今回の記事で分かること
  1. 地役権とは何か?
  2. 地役権と取得時効
  3. 地役権と消滅時効

地役権についてさらに深く知ることができるのでぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも地役権とは?

ではそもそも地役権とはどんな権利のことなのでしょうか?

簡単に言うと地役権とは、他の人の土地を使用する権利のことを言います。

民法280条

民法280条には次のように規定されています。

第280条
地役権者は、設定行為で定めた目的に従い、他人の土地を自己の土地の便益に供する権利を有する。ただし、第三章第一節(所有権の限界)の規定(公の秩序に関するものに限る。)に違反しないものでなければならない。

自分の土地を要役地、他の人の土地を承役地というふうに呼びます。

もし要役地が他の第三者に売り渡されたとしても、その第三者は登記をしなくても承役地を使用することができます。

第281条
1. 地役権は、要役地(地役権者の土地であって、他人の土地から便益を受けるものをいう。以下同じ。)の所有権に従たるものとして、その所有権とともに移転し、又は要役地について存する他の権利の目的となるものとする。ただし、設定行為に別段の定めがあるときは、この限りでない。

2. 地役権は、要役地から分離して譲り渡し、又は他の権利の目的とすることができない。

承役地の所有者は『あなたは登記をしていないからこの土地を通らせません』ということを言えないのです。

要役地を譲り受けた第三者は、登記無くして承役地を使うことができるぞ!

地役権と取得時効

地役権の時効は20年で完成します。

では承役地の所有者は要役地が共有の場合、時効の中断をする時には共有者全員に時効の中断を主張しなければいけないのでしょうか?

結論としては、この場合には共有者全員に時効の中断を主張しなければいけません。

民法の282条には地役権の時効中断について次のように規定しています。

第282条
1. 土地の共有者の一人は、その持分につき、その土地のために又はその土地について存する地役権を消滅させることができない。

2. 土地の分割又はその一部の譲渡の場合には、地役権は、その各部のために又はその各部について存する。ただし、地役権がその性質により土地の一部のみに関するときは、この限りでない。

よって共有者の中の1人にだけ時効の中断を主張したとしても意味がないのです。

地役権と消滅時効

では逆に要役地が共有の場合には、承役地の所有者に対して消滅時効を主張する場合にはどうすればいいのでしょうか?

この場合には要役地の共有者の誰か1人が、承役地の所有者に対して時効の中断を主張すれば問題ありません。

要役地の共有者1人が時効の中断を主張すれば、時効中断の効力は他の共有者のも及ぶのです。

まとめ

今回は地役権と時効について説明してきました。

今回の内容を簡単にまとめる次のようになります。

まとめ
  1. 地役権で利益を受ける土地を要役地、利益を与える土地を承役地と呼ぶ
  2. 承役地が共有の場合には共有者全員の時効の中断の措置を取る必要がある
  3. 地役権で利益を受ける土地を要役地、利益を与える土地を承役地と呼ぶ
  4. 要役地が共有の場合には共有者の1人だけに時効中断の措置をすればよい

今回の記事を読んで、分からないことやここをもっと詳しく知りたい!ということがあればコメントお待ちしております。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

民法を勉強するなら圧倒的にオススメの教材!

民法を学習している人に圧倒的にオススメなのが、『山本浩司のオートマシステム』です。

総則・物権・債権と3つのパートに分かれていて、2020年の民法改正にも対応しています。

民法の教材は難しい文章ばかり書かれていてなんだかとっつきにくいイメージがありませんか?

私もいろんな教材を見ては挫折をしてきました。

ただこの『山本浩司のオートマシステム』は物語形式に話が進んでいくので読むのが苦にならないんです。楽しく読めていつの間にか民法の知識が定着している。そんな一冊です。

今民法の教材に悩んでいるという方には抜群にオススメできる一冊なのでぜひ検討してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です