おすすめの教材

【完全徹底比較】宅建通信講座のおすすめランキング10社【2019年】

今回は宅建通信講座のおすすめランキングをご紹介します。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建の通信講座って色々あるけど結局どこが一番おすすめなの?それぞれを比較してどんなメリットがあるのか教えて欲しい。

今回はこういった疑問を解決します。

結論、宅建の通信講座のおすすめランキングは次のようになります。

  1. フォーサイト
  2. スタディング
  3. アガルート
  4. ユーキャン
  5. クレアール
  6. エルエー
  7. ヒューマンアカデミー
  8. 大原
  9. 資格スクエア
  10. LEC

これらの通信講座の特徴やメリットを深掘りしていきます。

※今回紹介する通信講座の資料請求をまずはしてみることをおすすめしています。資料請求はもちろん無料なので、比較してみて最終自分に一番合った通信講座を選んでくださいね!

目次

おすすめ宅建通信講座1位:フォーサイト

フォーサイト
宅建

宅建通信講座で一番オススメの通信講座は『フォーサイト』です。

受講生の合格率がなんと約70%超えており、全国平均の4.54倍を誇ります。

これまでの受講者数は22万人を超えており、顧客満足度NO1の通信講座です。

総合評価
価格69,800円
(期間限定5000円クーポン割引あり)
講義時間21時間
実績2018年度合格率70.8%
サポートEメールでの質問可

実際のレビューを見る
堂々のランキング第一位は『フォーサイト』です。

フォーサイト受講生の2018年年度の合格率はなんと圧巻の70.8%です。全国平均合格率15.6%の4倍以上になります。

他で販売されている宅建のテキストの4/9の量に凝縮されているため、必要項目だけを効率よく学習することができ、短期間で合格を目指すことができます。

宅建試験を初めて受験される方で、どんな通信講座を選べば分からない!という方はフォーサイトを選んでおけばまず間違いなしです。

業界初!テキストがフルカラー


フォーサイトのテキストはフルカラーになっているので読みやすく、知識も定着がしやすいです。

アメリカの心理学の実験でも白黒のテキストに比べてカラーのテキストの方が記憶に残りやすいというデータが残っています。

イラストもついていて、市販で販売されている教材とはレベルが違いますね。

オリジナル問題集

オリジナル問題集も付属しています。

この問題集は正解力・スピード解答力を高めるため、問題集にさまざまな工夫されています。

動画講義も用意されている

フォーサイトでは動画での講義も用意されています。これにより、ただテキストを読むだけの学習に比べてて格段に理解が進み、時間と労力を大幅に削減することができます。

会社員の方はお仕事で日々忙しいと思いまが、この動画教材によって自分が受けたいときにいつでも受けることができるという環境を整えることができます。

特許取得のオリジナルシステム『道場破り』

フォーサイトでは『道場破り』と呼ばれるオリジナルのeラーニングシステムを使用することができます。

この『道場破り』では 講義、テキスト、確認テスト、単語カードや学習プラン作成まで、様々なツールを利用することができます。

スマホやタブレットさえあればいつでも好きな時に宅建の学習をすることができるのでかなり便利です。

ゲーム感覚で宅建の勉強を進めることができ、いつの間にか知識を身につけることができます。

おすすめ宅建通信講座2位:スタディング

宅建通信講座おすすめランキング2位は『スタディング』です。

スタディングはこれまでに短期間合格した人の勉強法を徹底的に研究し、だれでも短同じように効率的な学習できるように開発された試験対策講座です。

忙しい会社員の方には抜群にオススメの通信講座です。

スタディング
宅建

ウェブオンライン講座の『スタディング』です。

通勤・通学のスキマ時間を最大限に活用して、学習ができるので忙しい社会人にオススメの講座です。最大のメリットは19980円という圧倒的な値段の安さです。

市販テキストと一緒に利用しても効果は抜群だと思います

オススメ度
価格19,980円(冊子版テキストの場合は+6980円)
講義時間28時間
実績3万人が受講。合格率は非公表
サポートなし

詳細ページ無料資料請求

スキマ時間を有効活用できる

スタディングの学習方法は従来のように机に座ってするのではなく、全てスマートホンやタブレットを使ったオンライン学習になります。

そのため、どこにいても少しの時間さえあれば宅建の学習をすることができます。

忙しい会社員の方でも通勤の電車の時間やお昼休みの時間を使ってスマホで学習ができるのは嬉しいですね。

圧倒的な低価格!

スタディングの教材は他の通信講座を比較してもらっても分かるように値段がとにかく安いです。

これは教材費にお金をかけず、全てオンラインの教材にすることでコストを大幅に削減しているからです。

さらにスタディングを使用して合格した場合には、合格体験記を書くことで5000円のキャッシュバックを受けることができます。

>>5000円キャッシュバックの詳細

低価格な通信教材を選びたい!という方にはかなりオススメの通信講座です。

効率の良い学習ができる

スタディングはこれまで短期合格をした方を研究して作られている教材なので、試験に出題されないような無駄な内容は省かれています。

それによって合格までの最短ルートを走ることができます。

  1. 基本講座(ビデオ+Webテキスト)
  2. スマート問題集
  3. セレクト過去問集

この3ステップで宅建合格を目指します。

おすすめ宅建通信講座3位:アガルート

宅建通信講座おすすめランキング3位は『アガルート』です。

合格率は53.8%と全国平均の3倍以上を誇ります。

アガルートの最大のメリットは、合格後に全額キャッシュバックを行なっているということです。

合格する自信がある方はこのキャッシュバック制度を使って無料で宅建に合格するのもアリです!

>>>全額キャッシュバックの詳細を見る

アガルート
アガルートアカデミー
アガルートはオンライン講座を受講することもでき、倍速再生や音声ダウンロードなど機能が充実しています。
合格率は53.8%と全国平均の3.45倍を叩き出しています。
オリジナルテキストの質も高くオススメの通信講座の1つです。
オススメ度
価格59,800円
実績2018年度合格率53.8%
サポートfacebookでの質問回答可

詳細ページ公式ページ

動画学習でスキマ時間を有効活用


アガルートでは1つあたり10分ほどの短い動画が用意されています。

これによっていつでも、どこでも、何度でも、無駄なく学習することができます。

内容も分かりやすく解説してもらえるのでサンプル動画を確認してみてください。

過去問10年分で徹底的に実戦経験を積む

過去問を10年分を記載した問題集が用意されています。

これによりテキストや動画学習だけでは曖昧だった知識を網羅的に固めることができます。

低価格な受講料

アガルートの受講料は他の通信講座に比べて低価格なのも特徴です。

入門総合カリキュラム講座は、「入門総合講座(35時間程度)」「過去問分析講座(25時間程度)」「総まとめ講座(10時間程度)」「模擬試験(全1回)」がついて、合計92,400円のところ、59,800円で受講することができます。

また合格後の特典を利用すれば実質無料で受講することができるのでかなりありがたいですね。

>>>全額キャッシュバック制度

Facebookを使ったサポート制度

アガルートではFacebookに登録して、アガルートグループに参加しれば講師の方から質問に答えてもらえます。

他の通信講座ではこのサポートがあまりなかったりしますが、分からない箇所をすぐに講師に聞けるというのがアガルートのメリットです。

おすすめ宅建通信講座4位:ユーキャン

宅建通信講座おすすめランキング3位は『ユーキャン』です。

通信講座の中ではかなり有名ですね。

平成29年度は1164名の合格者を輩出したという実績を残しています。

ユーキャン

ユーキャンは毎年1000人以上の合格者を出している王道の通信講座です。

通信講座といえばまず思い出すのではないでしょうか?

知名度、実績が揃っているのでオススメの通信講座の1つです。

オススメ度
価格63,000円(教育訓練給付制度適用可)
実績1164名の合格者
サポートEメール、郵便による質問対応

詳細ページ

無駄を省いた3冊のテキスト

ユーキャンの基礎テキストは試験には出ない内容を省いた3冊のみです。

それぞれ厚さも薄く、数時間で一冊全て読み終えれるほどの量です。

これまでの試験問題を徹底的に分析しているユーキャンだからこそなせる技です。

要点がまとまった過去問実践テキスト

要点のみがまとめられている過去問実践テキストも3冊付いています。

宅建試験の合否のポイントは『過去問の対策をしっかりしておく』ことですが、過去10年間の過去問を全て覚えるのはかなり時間がかかります。

しかしユーキャンのこの過去問テキストは出題傾向が高い問題のみをピックアップしてくれているので無駄な過去問に時間を使わずに済みます。

どこでも学習できるデジタルテキスト

上記の基礎テキスト、過去問実績テキストの2つをスマホやタブレットでも学習できるのがデジタルテキストです。

時間や場所を選ばずに、いつでも宅建の学習をすることができます。

アプリにも対応しているのようなので、一度ダウンロードをしてしまえば電波が入りづらい地下鉄などであっても使用することができるので便利です。

おすすめ宅建通信講座5位:クレアール

クレアールは大手通信資格講座で、『非常識合格法』という、合格に必要な得点範囲に学習を絞った独自の合格メソッドを提供しています。

質問も無制限にできて、『カウンセリング制度』というアドバイザーに直接カウンセリングを受けることのできる制度も導入しています。

受講者へのサポートがかなり手厚い通信講座だといえます。

クレアール
アガルートアカデミー
アガルートはオンライン講座を受講することもでき、倍速再生や音声ダウンロードなど機能が充実しています。
合格率は53.8%と全国平均の3.45倍を叩き出しています。
オリジナルテキストの質も高くオススメの通信講座の1つです。
オススメ度
価格62,800円
実績公表なし
サポートメール、FAXでの質問回答可

詳細ページ公式ページ

非常識合格法

クレアールの宅建講座は、満点を目指すのではなく、合格必要得点範囲に絞って合格点クリアを目指す学習法です。

とにかく全員が解ける問題を徹底的に狙うという方針です。

具体的には宅建試験のポイントになる宅建業法から徹底的に攻めるようです。

これまで培ったノウハウをもとに、最短で宅建試験合格を目指せるようカリキュラムが組まれています。

Vラーニングシステム

クレアールの講義は集中力が維持しやすい50~90分完結型になっています。

さらに「いつから問題を解くの?」「どこを覚えればいいの?」といった、初めて学習をする人の不安を解決するために、1講義ごと「学習内容」を明示し、何を学習するのかの目的を明確にしてくれています。

サポートがとにかく手厚い

クレアールは他の通信講座と比べてとにかくサポートの部分が手厚いです。

メールやFAXでの質問は無制限にできますし、直接校舎に行けばアドバイザーの方からカウンセリングを受けることもできます。

試験勉強の間はとにかく不安な気持ちが大きいのでこういったサポートが充実していると安心して試験本番を迎えられますね。

おすすめ宅建通信講座6位:エルエー

エルエーは初学者、受験経験者を問わず、しっかりと準備をして宅建試験を目指す方を目指すための通信講座です。

アンケートによると受講生の満足度は8割を超えています。最短で3ヶ月で合格した方もいるそうです。

公式HPには合格率は全国平均の1.6倍と記載されているので、おそらく25%程度かと考えられます。

エルエーの受講費は他の通信講座に比べると安く、さらに合格者には最大半額返金の制度もあるので合格できればかなりメリットは大きいです。

クレアール
アガルートアカデミー
アガルートはオンライン講座を受講することもでき、倍速再生や音声ダウンロードなど機能が充実しています。
合格率は53.8%と全国平均の3.45倍を叩き出しています。
オリジナルテキストの質も高くオススメの通信講座の1つです。
オススメ度
価格48,000円
実績全国平均の1.6倍
サポートWeb質問システム、郵送、電話による質問対応

詳細ページ公式ページ

全35回60時間のカリキュラム

エルエーのカリキュラムは全35回の60時間の内容になっています。

『満点を目指す』学習ではなく、出題可能性の低い項目は極力省略して、出題傾向の高いポイントを優先することで60時間という短時間の学習時間を実現しています。

短期間でとにかく合格したい!という方にはオススメの通信講座です。

合格祝賀返金制度

エルエーでは合格すると最大で半額のキャッシュバックがあります。

条件は、『試験合格』、『合格体験記+写真』だけです。複雑な手続きはなく、これまでにも返金制度でのトラブルは全くないようです。

なので合格に自信があるのであればこの祝賀返金制度を利用すればかなり安く宅建の資格を取得することができます。

電話での質問対応も可能

エルエーはサポートがかなり充実しています。

他の通信講座とのもっとも大きな違いは、電話での質問対応が可能だということです。

学習中の疑問点に対して専門スタッフが電話で回答してくれます。日程の決まりはありますが、これは学習を進める上ではかなりありがたい制度ですね。

またウェブからであれば24時間質問可能です。

おすすめ宅建通信講座7位:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーはユーキャンに並ぶ大手通信講座です。

最大の特徴を面白い講義をすることで有名な大澤茂雄先生が授業をしてくれることです。

電子黒板を使ってテキストにマーカーを引きながら授業を丁寧に進めてくれます。

勉強を続けることが苦手な方でも大澤先生が面白く授業を進めてくれるので続けられると評判です。

クレアール
たのまな
アガルートはオンライン講座を受講することもでき、倍速再生や音声ダウンロードなど機能が充実しています。
合格率は53.8%と全国平均の3.45倍を叩き出しています。
オリジナルテキストの質も高くオススメの通信講座の1つです。
オススメ度
価格62,800円
実績公表なし
サポートメール、FAXでの質問回答可

詳細ページ公式ページ

大澤先生の授業がとにかく面白い!


実際に大澤先生の授業を受けた生徒さんがこちらの動画で感想を述べています。

『寝るときや、電車の中で大澤先生の授業を見ながら一人で笑っていた』といっています。

それほど大澤先生の授業は面白く、その分知識の定着も早まるようです。

眠たい授業は嫌だ!とにかく面白い授業を受けたい!という方にヒューマンアカデミーはオススメの通信講座ですね。

合格保証制度

以下の2つの条件を満たせばもし不合格になってしまったとしても来年再度無料で受講ができるようです。

  1. お申込みのコース受講が90%以上の方
  2. コースの対象目標年の本試験を受験し、不合格となってしまった方

今年もしダメだったとしても、この2つの条件を満たせばもう一度受講できると思うとありがたい制度ですね。

毎月1回のオンライン面談

ヒューマンアカデミーでは毎月1回アドバイザーの方とオンライン面談を行っています。

これによって講師の方に進捗状況などを確認してもらえ、合格のための的確なアドバイスをもらうことができます。

モチベーションの維持にもつながるので挫折しにくい通信講座の制度だとも言えます。

この他にもメールでの質問対応も行っています。

おすすめ宅建通信講座8位:大原

大原の宅建士講座には様々なプランが準備されています。

テキストのレベルは高く、毎年の出題傾向に合わせて作成されているオリジナルテキストです。

教材としての質はかなり高いですが、やはりデメリットはその金額ですね。

金銭面で余裕がある人であれば問題はありませんが、他の通信講座に比べると倍以上するのでなかなか手の出しにくい通信講座だと言えます。

大原
資格の大原 宅建主任者講座

大原はレベルによっていろんなタイプの講座が用意されています。

テキストや教材のレベルはかなり高いですが、ネックになるのはその金額ですね。

多少高くても問題ないという人であればプランの中から最適なものを選んで受講するのもアリだと思います。

オススメ度
価格〜169,000円
実績2017年度試験合格者531名
サポートメールでの質問回答可

詳細ページ公式ページ

大原のオリジナルテキスト

大原のテキストは毎年試験の出題傾向を分析して改良されています。

大原で講師をしている方のレベルは高く、テキストもその年に出題されるであろう内容をプロの目で見て作成されています。

そういう意味では市販の教材に比べると要点に絞った内容になっているので時間を短縮して合格を狙える教材だと言えます。

大原の模擬試験は的中率がすごい!

大原が作っている予想模試はかなり制度が高く、問題の50%近くが本番の試験でも出題されているようです。

これも毎年専属の講師たちが試験問題を分析をして、作成されているからです。

大原の通信講座は受けなかったとしても、模擬試験だけは受けば損はない模擬試験です。

サポートの充実性

大手の予備校だけあってサポートがかなり充実しています。

通信講座を受けた人でも次のようなサポートを大原なら受けることができます。

  • 教室・自習室解放
  • 教室聴講制度
  • メールでの質問対応
  • 採点・成績表

他の通信講座にはない点としては、教室や自由室を利用できるということですね。

家の近くに大原があれば無料で使用することができるのでモチベーションの維持にもつながりますね。

さらに実際の講義を回数の制限はあるようですが受けることもできるのは大原だからできるサポートです。

おすすめ宅建通信講座9位:資格スクエア

資格スクエアはDVDやCDではなくオンラインなので、スマホがあればいつでもどこでも勉強ができます。

わずか4年で無料会員数40,000人突破していて今勢いに乗っている通信講座の1つです。

脳科学も使ってかなり合理的に作られている教材なので紙媒体でなくても大丈夫!という方にはかなりオススメの通信講座です。

資格スクエア
資格スクエア

資格スクエアはわずか4年で会員数が40,000人を超える勢いのある通信講座です。

教材は脳科学を利用して作られているのでかなり合理的な内容となっています。

オンラインでも問題ない!という方は利用して見るのもありの通信講座です。

オススメ度
価格64,000円
実績公表なし
サポートメール・電話での質問

詳細ページ公式ページ

問題を解く→テキストを理解の順番

従来の勉強法であればテキストを理解→問題を解くというのが一般的ですね。

しかし資格スクエアの学習方法はこれの全く逆の方法で問題を解く→要点を押さえていくという方式を採用しています。

先に覚えるべき内容を把握して、それから暗記していくことで暗記力の上げることができます。

オリジナルのレジュメが作成できる

資格スクエアではオンライン上にあるレジュメに自分が好きなように書きこんだり、付箋を貼ったりすることできます。

オンライン上のレジュメにするので、実際に付箋は必要ありませんし、汚い文字になることもありません。

自分オリジナルのレジュメを作ることができるので、見直しもすぐにできます。

再生スピードの調整ができる

資格スクエアの講義動画は、再生スピードを21段階で調整することができます。

これによって1時間の動画を最大で20分まで時間短縮することができます。

とにかく短期で合格したい!という方はこの方法を使えばかなり学習時間を縮めることができますね。

おすすめ宅建通信講座10位:LEC

オススメ宅建通信講座10位はLECです。

LECは大原と同様な大手資格校で、かなり評判も良いですがやはり通信講座の金額が高いということがネックになります。

ただし様々なプランが用意されているので、自分に合ったものが選びやすいというメリットもあります。

LEC
LEC宅建通信講座

LECは100近い資格を扱っている大手の資格校です。

初学者から上級者まで様々なプランを取り扱っています。

プランの中で自分にあったものがあれば選んでみてもいいかもしれません。

オススメ度
価格〜176,000円
実績72.1@(諸条件あり)
サポートインターネットフォローシステムによる質問対応

詳細ページ公式ページ

これまでの実績と高い合格率

2017年度の合格率は72.1%とかなり高いですね。

ただし注意すべきなのが下に書かれていることで、全国模試を全て受験してその正答率が6割以上の人が対象だということです。

つまり模試である程度の点数を取れていた人のみを対象に算出された合格率なので実際はかなり落ちると思います。

LECオリジナルテキスト

LECの講座ではオリジナルのテキストを使用します。

このテキストはこれまでの試験をLECの講師陣が分析をして作られていて、かなり質が高いと有名です。

重要な箇所が一目でわかるようになっているので初学者の方でも挫折しにくくなっています。

割引制度が多い

LECの受講料は他の通信講座に比べるとかなり割高ですが、その反面割引制度も充実しています。

割引制度割引率
早期申込・期間限定割引10%〜15%OFF
再受講・宅建試験再受験者割引最大35%OFF
宅建業従事者・内定者割引最大15%OFF
LEC他資格受講生割引最大20%OFF
他社のりかえ割引最大25%OFF
宅建5問免除者割引最大20%OFF
講座説明会当日申込割引最大5000円割引

まとめ

今回は宅建の通信講座おすすめランキングを紹介しました。

結論は宅建で通信講座を受けるならフォーサイトが最強です。高い合格率、受講費、テキストの質どれをとっても頭一つ抜けています。

私も実際にフォーサイトを使って3ヶ月で8割上の得点を取ることができ、一発合格をすることができました。

フォーサイトを実際に使ってみた感想は別の記事で取り上げているのでそちらも参考にしてみてください。

フォーサイトの宅建講座を実際に使ったレビューと評価【通信講座人気NO1】今回は私が実際にフォーサイトを使ってみた感想や、評価をまとめていきます。 こういったお悩みを持っている方にオススメの内容で...

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です